5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ノラぬこにエサをやってる馬鹿は虐殺幇助者!18

3 :わんにゃん@名無しさん:2011/12/02(金) 22:07:14.11 ID:oD/YYeM5
敷地外へ放し飼いをしなくても敷地内でも事故は起りますし、
頻繁な鳴き声等の騒音も敷地内で飼っていても屋外なら周辺住民の迷惑になります。
又ふん尿の放置等により敷地外へと臭気がもれて迷惑となることもあります。

敷地外への放し飼いを前提にする勘違いはやめましょう。
ねこの飼育基準の屋外飼育についても逸走防止措置を講じた飼い方が書いてあるだけです。

そして第3項共通基準は、全ての家庭動物に対する共通の基準です。
その共通基準の7項の逸走防止等には、所有者等は、次の事項に留意し、家庭動物等の逸走の防止のための措置を講ずることとあります。

共通基準ですから猫だけ除外などはありません。

猫の放し飼いが前提の屋外飼育ですと、共通基準に矛盾しますが、
屋外でも逸走させない飼い方(檻や柵等の使用)は出来ますし、これであれば共通基準とも矛盾はしません。


ちなみに、恒常的な餌やりは飼育者とみなされる。
「餌をやっているだけで、放し飼いをしているわけではない」は通用しない。


餌やりは野良猫を一カ所に集めてしまいます。
このため本来なら縄張りを持って適当に分散し目立たなかった彼らが目に付くようになり、
また野良猫による迷惑や被害も集中することになります。
これにより、近隣住民から疎まれ嫌われて、最悪の場合、駆除や保健所送りになることもあります。

また、栄養状態がよく個体密度が上がることから、交尾・出産の頻度があがり、不幸な子猫が量産されることになります。
この子達の多くは育つこと無く死んでいきます。

さらに餌やりがいることがわかると、そこに猫を捨てにくる人も後を立ちません。そうして、それらの猫もまた、疎まれ嫌われていきます。

このように餌やりは不適切な飼育方法として違法であるばかりでなく、
猫にとっても辛い結果をもたらします。

それが、このスレタイの所以です。


餌やりに反対する奴は虐待魔だと言う人がいます。
しかし、それは事実ではありません。
なぜなら、虐待魔はむしろ餌やり大賛成なのです。
餌やりによって人に懐いた野良猫は、虐待魔にとっても捕獲しやすく、
なおかつ頻繁に産まれる子猫は、彼らのかっこうのオモチャです。

もちろん悪いのは虐待魔です。でもそれに加担しているのが餌やりなのです。

だからこのスレタイ通り、餌やりは虐待幇助者なのです。


407 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)