5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【液状化】新浦安のその後7【地下空洞】

68 :名無し不動さん:2012/09/01(土) 12:20:09.37 ID:???
>>67
扶養義務については、あなたの主張に賛成です。
親子の縁、兄弟の縁を切っている人に、いまさら扶養しろと持ちかけても、
うまくいくはずがありません。
また、10年間も音信普通だった人を、いまさら扶養しろと言われても納得がいかないでしょう。
扶養義務はやたらと押しつけるものではありません。
そんなことを言っていたら、刑務所の中にいる受刑者の親族にも、
「扶養義務があるのだから、刑務所の食費の一部は負担してくれ」
という要請が行きかねません。
しかし、扶養をする気があるのなら話は別です。
親孝行したい、そのような息子にまで、扶養義務はないからと言って扶養を切り離す必要はありません。
好きにさせておけばいいのです。
一番問題なのは、養う気持ちがあるのに、「お金は出したくないから貰えるものは貰っておけ」
というズルい連中です。
河本氏の例は、最終的に本人が母親を扶養することになりましたが、だったら最初から扶養しておけ、です。
あれは、扶養する気がないのなら、最後まで扶養しないという姿勢を貫くべきでした。
室伏氏のように「誰がなんと言おうと絶対援助しない」という姿勢こそ筋が通ってます。
だから、親族に援助して貰えない人は、生活保護を受給し、住居も現物支給(施設)で親族と切り離せばいいのです。
中途半端に現金(住宅扶助)なんか与えると、親族の近所に住んで、裏で援助をしてもらっているまま、
国からお金だけ巻き上げるという不正がまかり通るのです。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)