5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クルーグマン「日銀は金をものすごい勢いで刷り続けろ、インタゲ4%やれ、資産買え、増税すんな」

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 14:44:03.50 ID:8vj8sLfLT● ?BRZ(10747) ポイント特典

ポール・クルーグマン/Paul R. Krugman 世界経済は蘇るか
QE3はベストな選択  共和党ライアン副大統領候補の歳出削減案は、まったく馬鹿げている
(月刊Voice 2012年11月号)

長いのでソースで
http://www.globe-walkers.com/ohno/interview/krugman7.html

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 14:45:20.27 ID:knGkuKMw0
ノーベル賞の援軍来ました

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 14:45:21.54 ID:y1Cf1IqV0
グーグルマン?

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 14:45:32.49 ID:bH15WIIZ0
カバオよろしく

5 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 14:48:08.60 ID:ZvyXR5VA0
クルーグマンセンセイが言うなら間違い無いな

というのは冗談だけど、これだけ経済が停滞してるのに
金を回そうという施策を意地でも行わないというのはマジキチと言わざるをえない
もちろんリスクやデメリットもあるんだけど、
それに拘ってたら本当に死ぬだけだからな

6 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 15:00:02.21 ID:MQjmuVW40
まずクルーグマンが言ってるのは

> 経済が回復しはじめたとき、お金をものすごい勢いで印刷し続ける、と約束する

であって、有効需要が高まって初めて、マネタリーベースとマネーストックが連動しうるって前提があるわけで、
いきなり今刷り始めてもインフレにはならない。

7 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 15:03:07.53 ID:QnXybpQRO
とりあえず増税とかまじ勘弁な

8 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 15:58:35.24 ID:6Vu1rbQgO
「少し前は消費税を増税すると景気に悪影響があったが現状では増税しても影響はない」
って政治家がいってたけどこれって
「すでに生活必需品しか買わなくなってるくらい追い詰められてるから増税しても国民は逃げられない」
って意味だよね

9 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 19:28:12.73 ID:5qeCpICO0
どんな事やってもエコポイントの二の舞だよ
もう大多数の日本人が異常にケチになってしまった
そして、ガンガン金刷っても絶対に個人まで下りてこない

10 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/11/21(水) 19:35:30.89 ID:Fydcd5JC0
2011,6,20 日経 経済教室
R・クーパー ハーバード大学教授、浜田宏一 エール大学教授
日銀は、阪神大震災に比べ救済融資で評価できるが、インフレを恐れるあまり、 デフレ、円高に伴う
国民へのしわ寄せを放置。 総需要不足のところに、激しい供給ショックが襲ってきた。ダブルパンチを
受けている日本経済を復興するには、経済メカニズムの理にのっとった正しい回復策が必要。
世界に通用する経済学によれば、今日本で一番必要なのは金融緩和。
日銀による国債の買い上げや引き受けを通じて実施すればよく、円安を導く政策。
本稿を要約すれば、消費税増税で一気に財政を改善させたいという政治家や国民の気持ちはわかるが、
それは国民経済のパイ全体を小さくする政策であり、歳入の減少を招き財政危機の解消にはつながらない。
現時点では拙速な増税よりも、十分な金融緩和により、デフレ、需要不足、低成長を脱することが先決である。

社説:円高を抑止する方法は介入ではない
2011.11.02(水)(2011年11月1日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
h t t p://jbpress.ismedia.jp/articles/-/27863
日本企業や市場が打ち消す介入効果
h t t p://jbpress.ismedia.jp/articles/-/27863?page=2
円の対ドルレートは2012年も2013年もさらに上昇すると予想されており、円のジレンマの厳しさは弱まらないだろう。
しかし、中央銀行が国内での仕事にもっと真剣に取り組めば、この通貨問題の大部分は次第に消えてなくなるはずだ。
 日銀はかなり以前から様々な政策手段、それもほかの主要国の中央銀行が試みたもののはるかに上を行くような
政策手段を実験している。しかし、そうした政策は多様さにおいては革新的だが、その規模は概ね保守的で、
日本のデフレ収束にはほとんど役に立っていない。
国内経済の低迷こそが日本が取り組むべき問題。もし、年限の短い証券ではなく10年物国債をターゲットに据え、
これまでより攻撃的な量的緩和プログラムを実行すれば、
円高圧力の緩和に対して為替介入を上回る決定的な貢献ができるだろう。
 またそれ以上に、停滞している国内経済を刺激することにもなるはずだ。この景気の低迷こそ、
日本が解決に取り組むべき真の問題にほかならない。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)