5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

何故戦前の日本は自惚れてたのか。アメリカ様に勝てるわけないだろ…

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:41:15.39 ID:jS8W8epK0 ?2BP(1000)

「日本の自画像」追って 戦前から戦後の対外宣伝誌収集

昭和のある時期、海外に「日本」をPRするグラフ誌が盛んに作られた。東京・茅場町の古書店主、
森岡督行さん(38)が約10年をかけて集めた成果『BOOKS ON JAPAN 1931―1972 日本の対外宣伝グラフ誌』(ビー・エヌ・エヌ新社)からは、日本の自画像の連続性がほの見えてくる。
森岡さんは以前勤めていた古書店で、戦争中の対外宣伝グラフ誌について書かれた本に出会った。シベリア抑留経験のある祖父らの話を聞いて育ち、時代への関心から収集を始めた。
海外の古書店もインターネットで調査。本では、これまで国内で存在を知られていなかったものも含め、106点を紹介する。
対外宣伝グラフ誌の刊行は、31年の満州事変を機に国際的孤立が深まる中で盛んに。鉄道省をはじめとする政府組織や新聞社などが「文化的、近代的で平和な日本」の発信を目指した。
欧米向けの英仏語版のほか、カタカナ、タイ語版など「大東亜共栄圏」向けと思われるものもある。戦争中には、陸軍参謀本部の意向で設立された東方社の「FRONT」(42〜45年)など、
軍事力を誇示する宣伝誌がロシア語版などで刊行された。
戦後は、72年の札幌冬季五輪を境に目立つ動きはなくなっていくという。
制作者の中には戦後、熊田五郎(千佳慕(ち・か・ぼ))のように雑誌デザインから絵本画家へ転身した人も。
一方、グラフィックデザイナーの原弘や亀倉雄策は対外宣伝グラフ誌に戦後も関わった。
それぞれの進路に、森岡さんは「人の人生は、終戦の45年で区切ることは出来ないんだ」と感じた。
宣伝誌には伝統文化と共に、戦前は関東大震災、戦後は敗戦からの復興という形で、近代的な日本の姿が繰り返し登場する。
「戦争があったが、明治以降の近代化に日本は成功したと伝えるためのものだったのではないか」と森岡さん。
最後は「New Japan」69年号掲載の関西電力の広告「Nuclear Electricity for EXPO’70」を紹介した。
編集中に東日本大震災が起き、原発事故が発生。「『原発による素晴らしい未来』は来なかった」との思いを込めた。

http://book.asahi.com/booknews/update/2013013000009.html

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:42:54.67 ID:MnSEhhW60
清とロシアに勝っちゃったから増長したんだよ

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:44:31.36 ID:Tr3gjK460
負けるのがわかってても
ぶん殴っといたほうがいい局面もある。

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:45:07.54 ID:xR5fPpvD0
支那に勝てなかったのにな。
目の前の現実も見えないで
過去に勝ったことだけを基準にものを考えてたんだろうな。
いまの日本企業と同じ。
過去の栄光と製品を基準にしか考えられない
後ろ向きで歩いてるバカ

5 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:45:36.05 ID:4qXXJa6I0
勝ち負けなんかどうでもいい
儲かるか儲からないかだけ
財閥企業のキャパが限界だったそれだけ

6 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:46:00.73 ID:rXz2xyw7O
誰も勝とうとなんかしてなかっただろ

7 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:46:15.09 ID:7pXYnnYp0
どうせ死ぬなら戦って死のう的な

8 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:46:18.88 ID:P2qfDns70
イタリアいなきゃ勝ってた

9 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:46:50.72 ID:LlcqhFPe0
殺されるか、戦って殺されるかの二択だったろw

10 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:48:36.32 ID:6/3qxpNh0
たまに戦争やってなかったらどうなってたかとか考えると面白い
きっとオランダかぶれになってたんだろうなーとか

11 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:48:42.76 ID:XK9RbqBi0
今の国民性を見ると、おそらく清とロシアに勝って、「俺強ええ」状態の国民にメディアの扇動が加わって引き返せなくなったんだろうと思う。

いい意味でも悪い意味でも「引いちゃいけないと思ったら死んでも引かない」国民性かと

12 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:49:24.41 ID:KbTjZYRi0
結果はそこまで変わらなかった気もするけど

13 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:50:36.75 ID:fIewHPo70
「昭和天皇独白録」
三国同盟(昭和15年)

ソ聯を相手として構想された日独同盟論は独ソ不可侵条約突発のため、平沼内閣の倒壊と
同時に一時その姿を潜めたが、この頃に至り、欧州におけるドイツ勢力の拡大と東亞に
おける日米争覇と趨勢は、以前とは異なったまったく別個の構想の下に再び日独同盟論の
台頭を促した。同盟論者の趣旨は、ソ聯を抱き込んで、日独伊ソの同盟を以って英米に
対抗し以って日本の対米発言権を有力ならしめんとするにあるが、一方ドイツの方からすれば
米国の対独参戦を牽制防止せんしするにあったのである。

松岡洋右外相は、日独同盟を結んでも米国は動かぬと判断した。米国の国民の半数は
独逸系ががいるから、これが時に応じて立つと信じていた。吉田善吾海相は之を真に受けた。

吉田は海軍を代表して同盟論に賛成したが、内閣が発足すると間もなく米国は軍備に着手した。
これは内閣の予想に反する事で、吉田は心配の余り病気にかかり、自殺まで図ったが、未遂に
終り、後に辞職した。

日独同盟については結局私は賛成したが、決して満足しての事ではない。
三国同盟は15年9月に成立したが、その後16年12月、日米開戦後出来た三国単独不講和
確約は結果から見れば終始日本に害をなした。
確約当時政府の見通しでは日米戦争は勝負は五分五分、うまくいって日本が勝っても二分の勝
完勝は到底見込みがたたぬ、これに反して独逸は完勝するであろうと云う事であった。

それで若し左様な状態となった際、日本が見捨てられては困ると言う訳で、単独不講和を確約
した訳である。

14 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:51:47.12 ID:NNcr/Sgr0
自惚れってのはイギリスみたいにブロック経済なんてやって世界大戦引き起こすような奴のことだろ

15 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:52:24.04 ID:mqY20EyM0
自分はニュージーランド人留学生だけど、
また1941年と同じような状況になれば絶対お前ら「早く開戦しろ」「根性出せば勝てる」ってなるよ
日本人ってそういう民族

16 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:52:42.44 ID:aQow6jeqP
せめて日独伊三国同盟さえなければ
アメリカと交渉継続できたんじゃないかと思うけどどうなのさ

17 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:52:44.72 ID:nHfl0zWhO
今のネットウヨみたいな国民と新聞社のせいだろ
政治家はそれに押されただけ

18 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:52:47.27 ID:F0fdwcgQ0
>>1
戦前の世界情勢知ってるか?

白人国家以外はほとんどが植民地で、有色人種なんて動物と同じような扱いされてたんだぞ

19 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:52:53.62 ID:b5D0wP7i0
今のネトウヨみたいな連中がホルホルしてたんだろ

20 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:53:38.10 ID:NdNYyP5M0
>>15
そんなこといってるのは糞団塊と老人だけ
タモガミみたいな

21 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:54:17.05 ID:Tr3gjK460
>>16
フィリピンみたいに最貧国に追い込まれただけだぞ。

チンピラに絡まれて

財布を全部渡して土下座
一発ぶん殴った後ボコられる

後者を選んだだけ。

22 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:54:51.06 ID:WtuFv3ok0
全面戦争する気はなかっただろ。
局地戦で一応勝ってる状況で有利な条件で和平協議しようと思ってたのに、あてが外れて損切りもできず結局すべてを失った。

23 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:55:39.73 ID:h8iQPOokP
自惚れてたんじゃなくてただ黙って言う事聞いてたら
どんどん西洋に搾取されるだけだっただろあの頃のアジアの状況は
自ら奴隷に志願してどうする

24 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:56:54.29 ID:dLImKfoa0
>>22
行動見てみるとそうは思えない。
序盤で形勢がいい時に講和のチャンスはいくらでもあったが
そういう動きをしたという事実は全くない。
アメリカを完全に倒して占領するのが目的だったとしか思えない。

25 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:57:03.47 ID:aFHi28Lp0
>>21
一発ぶん殴った後ボコられて財布を全部渡して土下座ですが

26 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:58:04.61 ID:z5HEaNMaO
>>14
+アメリカにケツ拭ってもらうという超ヘタレ

黄渦論がでてきた時点で白人最強国とやることは決まっていたんでね?

27 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:58:09.94 ID:P8YzKVqQ0
総力研みたいに是非の判断が出来てるのもいただろ

28 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:58:23.22 ID:Tr3gjK460
>>25
財布を全部渡して土下座中なのがフィリピン→世界最貧国

日本は近年までは世界第2位の経済大国。
今でも3位だよ。

29 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:58:29.62 ID:0JigaC9M0
1932年のアメリカ
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/3/3c/NewYorkCityManhattanRockefellerCenter.jpg/800px-NewYorkCityManhattanRockefellerCenter.jpg
1940年の日本
http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/005/719/87/N000/000/000/132805278458213231572.JPG

これだからなぁ

30 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:59:31.32 ID:0Ln7BuCf0
今の日本も同じじゃん
敵を過小評価しまくってる

31 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 20:59:59.98 ID:DGbx+xgzO
先回りして今のうちから言っとくぞ在チョン

21000名を超える半島出身戦没者の皆様、日本のために戦ってくれてありがとう
28000名を超える台湾出身の皆様、日本のために戦ってくれてありがとう
私は死ぬまで決して忘れません

32 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:00:17.16 ID:syggc4wp0
アメリカに宣戦布告をした国って、アメリカ建国以降あるのか?
そこにプライドと言うか誇らしさを憶えるわ

33 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:00:43.47 ID:CNiuJeq10
1942デトロイト
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/66/Woodward_Ave_Detroit_1942.jpg

勝てるわけないだろ

34 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:01:09.58 ID:Qs4JC68/0
宣戦布告をアメリカに伝えなかった東郷茂徳という大物朝鮮人工作員がいたぐらいだからね。
売春で取り入る民族文化を持つエベンキ朝鮮人に完全に軍部が腐敗させられて利用されてしまった。

35 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:01:42.18 ID:wGBO/c5dO
>>32 ナチスドイツ

36 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:02:00.63 ID:bk7Zvp+N0
天皇「中国にも勝てないのにアメリカに勝てるの?(正論)」

37 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:02:17.35 ID:Tr3gjK460
>>32
世界一温厚だが切れるとヤバイってイメージ付けにはなったわな。
温厚だから何やっても大丈夫と思われてるチベットとは違う。

38 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:02:29.25 ID:XFCrPefQ0
日本下げスレ多すぎだろくそ
絶対に流されるなよ!!

39 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:02:33.64 ID:aQow6jeqP
>>24
開戦の経緯をちょっと誤解してるんじゃないか?

40 :呉はじめ ◆KUREKO1w06 :2013/02/17(日) 21:02:41.76 ID:lARAN7OL0
弱小国家のはずの北朝鮮が核実験所することでノラリクラリと
アメリカと対等に交渉してるように、大日本帝国も強気でいけば
なんだかんだ言って西洋諸国と対等に渡り合えるんじゃなかいかと
思ったら連合軍には勝てなかったよ・・・。

41 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:03:10.31 ID:aFHi28Lp0
>>28
植民地フィリピンと国際連盟常任理事国日本を比べる事が間違っとる

42 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:03:16.82 ID:kKNC0nuv0
あの当時どうすることが最善の策だったの?

43 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:03:21.17 ID:dLImKfoa0
あのまま極東だけ支配するか
アメリカに勝って世界を支配するかって事だよ。
ドイツが調子よかったために後者に賭ける道を選んだ。

44 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:04:03.78 ID:WNCu+Q5d0
ホラズム・シャー朝レベルの馬鹿

45 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:04:20.11 ID:Tr3gjK460
>>40
だから強気の北朝鮮や弱気のフィリピンみたいに
なりたかったのか?
どっちも餓死者が出るレベルの世界最貧国だぞ。

46 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:04:56.63 ID:1Qw5EB/D0
いつまでそんな昔の話をしてるのか

47 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:05:03.90 ID:aQow6jeqP
>>39はアンカーミス
ごめんよ>>24

48 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:05:19.85 ID:ejW8mFpW0
戦争に勝者などいないという事が分かってなかった
戦争が起きた時点で当事者は全て敗者
今でもそのことが理解できていない馬鹿が多いが

49 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:06:14.21 ID:IjwYJ41d0
ソ連の参戦という悪夢が無ければそれなりに戦えたと思うよ。

50 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:06:23.55 ID:Tr3gjK460
>>42
あれで正解だったんだよ。
結果的に世界一豊かで安全かつ文化あふれる国になっただろ。

51 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:06:45.78 ID:gLvyh04B0
自惚れたっつーか
今でもある無駄な判断とか空気読み文化が招いたことだと思うんだけどな
無駄な会議遅れる判断そういうのを切り捨てるリーダもいなかったし
今もし戦争起こってもおんなじ事が起きると思うけどな

52 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:06:51.70 ID:+Ks7d8ZS0
>>4
大陸では連戦連勝だよ

53 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:07:07.44 ID:hwpzp/aB0
ロシアに勝ったとマスコミが扇動したから
あれは引き分け

54 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:08:37.40 ID:aQow6jeqP
>>21
開戦の経緯をちょっと誤解してるんじゃないか?

55 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:08:43.02 ID:cQ0mf0HX0
戦争以外の選択肢を無くすまで追い詰めたのはアメリカだろうが

56 :呉はじめ ◆KUREKO1w06 :2013/02/17(日) 21:08:44.60 ID:lARAN7OL0
今でこそ世界の警察だけど、当時のアメリカは
第一次世界大戦にも参加しない孤立主義だった。
だから少々喧嘩ふっかけてもガチの総力戦には
ならないんじゃないかと思ったらそうでもなかった。

57 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:08:47.00 ID:1G4e4+wZ0
ホントすぐ調子乗るからなジャップはw

58 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:09:12.31 ID:Tr3gjK460
東南アジアレベルの小国に成り下がり
ミドルネームにジョニーとか付けられて
キリスト拝んでた未来もあったはずなんだぜ。

それらを粉々破壊してくれた先祖には感謝しなきゃならん。

59 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:09:21.90 ID:wGBO/c5dO
>>42
柳条湖事件起こした石原と板垣を死刑

満州事変起こした牟田口を死刑にする

満州から撤退

60 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:09:33.66 ID:ax6MEyab0
空気だよ空気
今の日本人が中国に簡単に勝てると思ってるのと同じ

61 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:09:34.58 ID:2uDe1Axj0
朝鮮総督府の時点で狂ってたからまあどう足掻いても止まらんだろうな
朝鮮総督府の存在意義は未だに分からない
すぐ「ロシアの南下政策に対抗するため」っていうヤツが出てくるけど、
ロシアが南下してくるんだったら要塞作るならともかく
半島のインフラ整備したんだからその方便は通らない
逆にロシアが南下してくる下地を作ってしまったのが朝鮮総督府

62 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:09:46.68 ID:B7/Z12T4O
調子に乗って領土広げまくってたら強烈なしっぺ返し食らったワン…もうしないワン…

63 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:09:55.09 ID:ELI0C6PXP
OUT: ジャップ、ヘタリア
IN: アルゼンチン様
http://investorsconundrum.com/wp-content/uploads/2012/04/Historical-GDP-per-capita-1900-2009-US_UK_Argentina_Brazil_India_China_Japan.png

64 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:10:57.65 ID:aFHi28Lp0
なんで国際連盟常任理事国で広大な植民地を持ってる日本がアメリカと戦争をしないと世界最貧国になるのか
わけわかめ

65 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:11:08.72 ID:3DvaSkn50
東南アジアやるから日本に味方してねぐらいやればよかった

66 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:11:27.03 ID:aQow6jeqP
日中戦争に限っては何度かの講和の機会をみずからフイにしてるけど
これは確かに自惚れだろうな。当事者の陸軍はともかく…

67 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:11:36.95 ID:tnGVDk660
夢で「イケる」って誰かに言われたから

68 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:11:37.51 ID:ZeDh8jbJ0
日本は神の国

69 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:12:10.14 ID:3o/sGbwG0
責任全く取らなかった超A級戦犯の天皇を崇めてる日本って気持ち悪いよな

70 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:12:22.55 ID:VeBBXp5q0
コントロールって大事だな

71 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:12:44.70 ID:8IAtq4rE0
勝てなくても抗戦はしないといけなかった
すんなり支配を受け入れることほど馬鹿なことはない

72 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:12:56.12 ID:abS9N83iP
神風が吹く

73 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:13:05.91 ID:AFMli8qzO
日本が勝ってたら今の世界はどんな感じだったんかな

74 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:13:33.06 ID:Tr3gjK460
>>64
その植民地を手放せってのが
開戦のキッカケになったハルノートだろ。

75 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:13:46.05 ID:HWXker2N0
アメリカに宣戦布告しないでヨーロッパの植民地を攻撃したとすると、アメリカは参戦しただろうか

76 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:14:18.19 ID:04utPdaoO
>>1
今ザックジャパン見てるとこういうこと考えるわ

W杯でもお前らの戦前の下馬評なんて過去一度として当たったことないし…

ま、結局協会公認の八百長で決まるって最近わかったからどうでもいいけど

77 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:14:22.79 ID:KbywIjHl0
よくこんな奴ら相手に戦争しかけたよなw

http://up3.viploader.net/pic/src/viploader1248725.jpg

78 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:15:30.47 ID:fIewHPo70
●昭和天皇が語る開戦の原因
 以上緒論及び本文に於て戦争の原因とその防止の不可能なりし所以を縷々述べて来た
が、結論として概括的に私の感想を話そう。
 先ず我が国の国民性に付いて思うことは付和雷同性が多いことで、これは大いに改善の要
があると考える。近頃のストライキの話を聞いてもそうであるが、共産党の者が、その反対者を
目して反動主義者とか非民主主義者とか叫ぶと、すぐこれに付和雷同する。戦前及び戦時
中のことを回顧して見ても、今の首相の吉田などのように自分の主張を固守した人もいるが、
多くは平和論及至親英米論を肝に持っておっても、これを口にすると軍部から不忠呼ばわりさ
れたり非愛国者の扱いをされるものだから、沈黙を守るか又は自分の主義を捨てて軍部の主
戦論に付和雷同して戦争論をふり廻す。
 かように国民性に落ち着きのないことが、戦争防止の困難であった一つの原因であった。
(聖談拝聴録原稿(木下のメモ)B「結論」)


●昭和天皇が語る終戦の理由
「敵が伊勢湾附近に上陸すれば、伊勢熱田両神宮は直ちに敵の制圧下に入り、神器の移動の
余裕はなく、その確保の見込が立たない、これでは国体護持は難しい、故にこの際、私の一身は
犠牲にしても講和せねばならぬと思つた」(『昭和天皇独白録』)

79 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:15:41.50 ID:aQow6jeqP
>>74
ハルノートは開戦一月前の話
そこに至る経緯を無視してるな

80 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:16:03.58 ID:ELI0C6PXP
大体戦間期のアメリカが反欧州で、反植民地主義っていう基本すら知らない奴すら多いからなぁ

81 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:16:31.47 ID:2uDe1Axj0
>>75
してきたろ
そもそも日本が、東南アジアの英蘭植民地を奪ったから、
それを奪還するために米軍がやってきたようなもんだから
アメリカの太平洋艦隊の英蘭植民地経営者がカネ出して呼んだようなもんだし

82 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:16:34.86 ID:IjwYJ41d0
戦闘機を飛ばすための石油をほぼすべて米国から輸入してたんだから
ハルノート突きつけられた時点で戦線拡大しなきゃならないのは必然。
そうなると国際社会の非難は避けられないしアメリカとの衝突も避けられん。

83 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:16:36.28 ID:WtuFv3ok0
>>73
独立運動とテロの荒らしっだろうな。
東京でも自爆テロが起こってるだろう。

84 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:17:16.03 ID:peu5ROAy0
大本営は本気でアメリカに勝てると思ってた奴は一人も居なかった
海軍「陸軍が反対ならそれに乗っかろう」
陸軍「内閣が反対ならそれに乗っかろう」
内閣「陸軍か海軍が反対するだろうからそれに乗っかろう」
企画院「」
これが全て、チキンレースの果ての開戦

85 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:17:36.65 ID:EJliadnBP
日本が自惚れてたんじゃなく陸軍が暴走しただけだろ
本当に歴史知らない奴ばかりだな

86 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:17:37.58 ID:lIGb+eLu0
ルーズベルトとかいうキチガイが好戦的だったんだから仕方がない

87 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:18:03.39 ID:zd7mjOPK0
最近似たようなスレがよく立ってるけど
今更WGIPやってんのか?

88 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:19:22.18 ID:dLImKfoa0
アメリカも真珠湾が相当トラウマになってる。
9.11のときも盛んに真珠湾と比較する話が出てきたくらいだし。
当事者同士が交渉の席についているときは交戦はしない、決裂したら
戦争という不文律を破ったのが真珠湾。
交渉していたらいきなり相手がテーブル蹴り上げてパンチ食らわせてきたら
トラウマにもなるだろう。

89 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:19:27.97 ID:Tr3gjK460
結果として世界一おいしいポジションに付けたんだから
結果オーライなんだよ。

朝鮮半島のアホどもが共食い始めてくれたのが
9割の要因だけどね。

90 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:19:36.45 ID:b1iI8GEH0
本気出さしただけでも充分

91 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:19:49.30 ID:8AueX5Zi0
福島原発の周辺なんてもう住めないのに政治家もマスコミもなんも言わずに
数兆円の除染()費用を垂れ流してる現状に似てる

92 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:20:30.42 ID:y2PKxXi6P
>>77
兵士の体格じゃなく、エリートがバカだったから負けた

> 元オーストラリア国防省の歴史研究官であるピーター・ウィリアムズ博士は、
> 「オーストラリア兵は日本兵との戦いにおいて、数の上で三対一になって初めて、勝つことができた。
> 日本人は、自分たちの祖先がどれだけ強かったのかを知るべきだ」と主張している。

93 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:20:52.66 ID:WNCu+Q5d0
>>50
誰だったかな、ダグラス・ラミスだったと思うけど
そういうふうに考える日本人が多いことに驚いてたね、著書の中で
俺も同様に驚く

94 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:22:01.58 ID:8p/55CJq0
全面戦争したら勝てないからみたいなシーンが山本五十六の映画ではやってたぞ

95 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:22:21.96 ID:ELI0C6PXP
ラリアンは当時も割りと大きいんだけれども
当時の平均的アメリカ人なんて170cmもないよ
だから戦争の写真見るとみんな頭身比がおかしいw

96 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:23:59.78 ID:7DXQd4Z50
>>93
いやいや、思考停止が日本人の良いところでもある

97 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:24:00.24 ID:y2PKxXi6P
>>93
バブル絶頂期は、そういうことを言うアメリカ人をよく(テレビで)見た。
「奴らは、経済戦争に切り替えてアメリカに勝ったんだ」とか。

98 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:24:54.64 ID:zG/5j+3P0
今見たく世界の情報が入ってくる環境なんてなかったんだからしょうがないだろ
アメリカに行ったことはおろか、どんな国なのかもよくわからないのに清やロシアみたくどうにかなるだろと思うのが
情弱な一般人なら当然、ましてや朝日新聞が戦争推進で煽りまくってさも勝てるような扇動だったし
政府や高級士官は当然勝てるわけないと知ってただけに相当なゴミ屑、須らくA級戦犯のチンカス

99 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:26:25.39 ID:KZV26gdu0
だから山本五十六もそう言ってただろ

100 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:26:41.47 ID:nWuMv3KC0
全面降伏
徹底抗戦

この2つくらいしか選択肢がなかったからな
当時の白人侵略を顧みれば、後者を選ぶのも無理は無い

101 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:27:18.92 ID:6iKofAgi0
>>4
そこまで全てイギリス様の手の平の上なんだけどな

102 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:27:28.17 ID:KTv55qWi0
最終決戦兵器が出来たので勝てると思った

103 :呉はじめ ◆KUREKO1w06 :2013/02/17(日) 21:27:48.26 ID:lARAN7OL0
日本が戦後繁栄したのは日本人のお陰ではなく、
冷戦中に共産圏に「資本主義マジ素晴らしいよ」とアピール
するためのショールームとして意図的に発展させられたんじゃないかと思ってる。

同じ役割だったのが西ドイツ。
南北朝鮮もドイツと同じで比較広告には適していたけど、
朝鮮戦争でゴタゴタしていたから代わりに日本が選ばれた。

ソ連が崩壊するとわざわざそういうアピールする必要も
なくなったので、そこを境に日本は衰退。失われた数十年が始まる。

104 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:28:29.20 ID:ZbPFlgmf0
アメリカは女が威張っている国なので、男は顔を一発引っ叩けば泣いて女房に泣きつくような軟弱者と認識されていた

105 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:28:33.15 ID:1kfg5dE+0
いや元々アメリカとやりあう気なんかなかったけど・・・・・

106 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:28:53.07 ID:y2PKxXi6P
>>98
戦争を始めたのは朝日新聞のせいだとか、おまえこそ戦前の日本を
見てきたようなことを言うな。

107 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:28:57.05 ID:ELI0C6PXP
白人つってアメリカとイギリスの区別すらつかないぐらいだからな(例>>100

108 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:29:35.43 ID:LnWSb9an0
【連合軍の戦略爆撃の規模 】

       期間     投下爆弾量    死者        連合軍の爆撃機の損失
ドイツ    35ヶ月    170万トン   30万5千人       米1万機 英1万2千機 ← さすがドイツ
日本   約10ヶ月     16万トン   30万+原爆21万人     約450機 ← はぁ?

【日独高射砲の配備数】

ドイツ   '39年 2800門   '43年 1万5000門   '44年 2万6000門  ← さすがドイツ
日本    '41年 880門    '43年    850門 ← やる気あるの?


【第二次世界大戦(1941年)の総人口】

アメリカ合衆国  1億3千万人 (黒人ほか市民権を持つもの含む) ← さすがアメリカ、これで国力10〜100倍 (日独両面で)

大日本帝国   1億人 (朝鮮半島を日本領土とする統計による) ← はぁ?やる気あるの? (枢軸最大の人口国)

109 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:31:18.17 ID:peu5ROAy0
>>100
北朝鮮って知ってるか?

110 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:31:21.56 ID:WNCu+Q5d0
>>97
?それは普通でしょ
「負けが勝ち」みたいに捻くれてないもの

111 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:31:26.24 ID:nWuMv3KC0
>>107
アメリかももとはイギリス人じゃねえか

ま、アメリカは最初はあんまり乗り気じゃなかったけどな
放っておいたら世界が真っ赤になるんだししょうがないけど

要はイタ公とソ連が悪い

112 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:31:29.91 ID:fIewHPo70
>>105
イギリスなんて、事前の交渉もないまま真珠湾攻撃の数時間前に、宣戦布告通告なしにマレー半島を日本に攻撃されたけどな

113 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:32:12.00 ID:ELI0C6PXP
この有様だぜ>>111

114 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:32:16.01 ID:GgFJiBHL0
>>1
ウリナラマンセー民族だからじゃん?
今の朝鮮が、昔の日本が残ってるみたいな感じだから。
てか日本人は日本人の事見えてないけど、実際日本人の性格は朝鮮人とほぼ同じ

115 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:32:24.07 ID:dLImKfoa0
何でアメリカと戦争しなければいけなかったか
戦争目的すらさっぱりわからんのに。

116 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:32:29.42 ID:LnWSb9an0
【アメリカ軍の(1944年)両面作戦】

1944年6月、ノルマンディー上陸作戦(史上最大の作戦) ← さすがドイツ、アメリカ軍数百万(後続含む)と激戦

1944年6月、サイパン上陸作戦   (マリアナ沖海戦)  ← はぁ? たった3個師団が相手?


【第二次世界大戦(1944年)の総人口】

アメリカ合衆国  1億3600万人 (黒人ほか市民権を持つ者含む) ← さすがアメリカ、これで国力10〜100倍 (日独両面で)

大日本帝国   1億人 (朝鮮半島を日本領土とする統計による) ← はぁ?やる気あったの? (枢軸最大の人口国)

117 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:32:39.84 ID:nWuMv3KC0
>>113
具体的に反論しないのが今の日本だな
精神的に鎖国状態

118 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:32:57.21 ID:deGi3urQ0
今の日本も同じ
「日本の技術は世界いちいいいいいいいい!!!!  あれ、原発爆発しちゃった・・・・」

119 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:32:58.29 ID:AK1SYqVE0
>>4
国民に真実を公表しないから、ムダに世論がタカ派になってしまって講和も出来ず
日中戦争が勝てないのは英米が利敵行為(援助)しているからって、おかしな結論になって逆恨み

他にもアメリカが警告したのに南仏印に進駐したりと馬鹿だろw 大日本帝国

120 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:33:29.24 ID:xm9SYUdo0
あの頃の日本と今の日本じゃ教育も思想も気骨もまるで別物だからな
アメリカに負けたという事が結果的に見て良かったのか悪かったのか

121 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:33:43.18 ID:c9tZIY6k0
>>98
なして朝日新聞w

122 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:34:02.09 ID:7AkTmUQXP
いじめられ過ぎて自惚れないとやってられない状態だったんだよ

123 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:35:40.07 ID:ELI0C6PXP
>>117
具体的に反論ってか、どっから話せばいいのか分からんぐらいの話で
どの時代の何の話してるんだまず?

124 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:35:47.89 ID:peu5ROAy0
>>120
一緒だよ
日本人の気質なんて1000年変わらず島国百姓根性丸出しじゃないか

125 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:35:52.62 ID:nWuMv3KC0
まぁイエローがまさか反抗するとは思ってなかったんだろうな
宇宙人が攻めてきたって言われても誰も信じない

せっかく日本が真珠湾で大打撃与えてたのに
イタ公めが

126 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:36:09.94 ID:y6mwZI1s0
朝鮮人=アメリカ様に勝てるわけないだろ…

127 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:36:12.96 ID:294W/kDfP
正確には、攻撃をしかけるように、うまく持って行かれた、っていうのが正しい。
2ちゃんふうに言うと「釣りに引っかかった」という状態。
ようはただのアホ。

128 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:36:19.47 ID:dLImKfoa0
北はあれでも政治>軍事の優位が確立してる。金正恩に逆らって戦争始めることはない。
大日本帝国は軍部が勝手に各地で紛争起こすやら、有力政治家を暗殺するやらで
もう国家の体をなしてなかったからああなった。
もうあの国は根本を改造するか、他国に占領されるしかなかったと思う。
占領されたのがアメリカだったのがせめて幸いだった。

129 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:36:19.96 ID:XK9RbqBi0
たらればを言い出せばキリがないが、

アメリカ「門戸開放!俺中国侵略に乗り遅れたから機会均等でおねがいしゃーっすwwwおたくの満州鉄道、共同経営なんてどーすか?wwwwお前のものは俺のものwwww」

って言ってた時にアメリカと仲良くしときゃ良かったのかもな。

130 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:36:55.50 ID:nWuMv3KC0
>>127
しょうがねえだろ
アメリカ様はそういうとこ上手いんだ

相手を暴走させることに関してはプロだわ

131 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:37:32.66 ID:6iKofAgi0
>>127
調べれば調べるほど呆れちゃうよねー

132 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:39:20.48 ID:6BMPUy+C0
開戦前の10月頃に昭和天皇が海軍軍令部のトップに勝算はどれくらいか問いただしたところ
正面からやりあって勝てる相手ではないと踏んではいたようだ
米国と戦争ではなく対話での交渉を最後まで望んでいた昭和天皇が、ではいかにして戦争を終結させるのかと問われ
急遽一ヶ月足らずで軍が中心に終戦までのプロセスを作成したのだが
割合した内容が
基本アメリカを相手にしちゃイカン、南方に進出して自給自足体制を維持しつつ、南方に進出してきた米艦隊を各個撃破
オーストラリア、豪州と連合国との輸送経路遮断、インド等の独立支援工作、ドイツにイギリス本土まで進出してもらい、状況に応じて日本もイギリスに派兵
連合国の戦意を消失させ、頃合いに応じて北欧国家に仲裁を持ちかける

133 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:39:47.41 ID:5q+tY2im0
>>120
今でも大して変わらんだろ。
自分というものがなく、惰性で流されっぱなしの国民性。
ちょっとしたことでさえ極端な方向に振れる危うさがある。

134 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:40:58.17 ID:peu5ROAy0
>>125
北アフリカ戦線のイタリア軍の奮戦はジャップなんかよりちゃんと戦果を上げてたけど?
枢軸国の中で一番役立たずだったのにイタリア責めるの?

135 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:41:40.24 ID:aFHi28Lp0
>>74
いや、中国に侵攻した上に仏印進駐とかしてるからハル・ノートだったのよ
台湾朝鮮南洋諸島手放せなんて言われてねえぞ

136 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:42:14.90 ID:ELI0C6PXP
ちょっと待てよ、戦間期が厭戦だってことすら知らねーのかよ
ナチがあんだけ欧州で大暴れしても英仏シカトだぞ?

逆に言えばそういう放置が日本の中国侵略を助長した
本来なら満州事変あたりで国際社会がパッツリキレるべきだったし
第一次世界大戦前ならそれが口実で戦争が起きてもおかしくない
真珠湾攻撃まで見逃してもらって、何がアメリカの謀略だよ?

137 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:42:42.21 ID:96kwygoSP
>>1
うぬぼれというか明治維新以降の日本を語る場合
陰謀抜きには語れん
特にWW2は史実(勝者の歴史)だけでは理解不能すぎる

138 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:42:52.19 ID:gNkhNURx0
ほんと戦前とか最悪だよね
無能のお上の失政のツケが全部庶民にいったんだから
お上も責任をとって切腹でもしてくれたら多少は気が晴れたんだが
あいつら切腹するどころか下々のもんを飛行機にのせて突撃させて自分は生き残ろうとしてたんだぜ
それを知った時は最低の土人国家だと思ったよ

139 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:42:57.76 ID:jkmnaAcb0
神風とか言っちゃって神話の世界
原発は爆発しないとか言ってた今も変わらない

140 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:44:25.75 ID:aFHi28Lp0
アメリカって真珠湾攻撃までの世論は圧倒的にWW2参戦反対のモンロー主義だよ
日本の真珠湾攻撃で一気に逆になってそれが今まで続いているという

141 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:45:11.03 ID:nWuMv3KC0
ま、今こうやってアジアの大国になれて
飯食えて2chできてるのもあの戦争を戦略的に勝ち抜いた上で
今の日本があるからこそだな

先人に感謝しないとな

142 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:45:14.79 ID:c9tZIY6k0
>>139
バブルの時、日本の土地は有史以来一度も値下がりしたことがないって言ってたな

143 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:45:39.70 ID:3enL7XsO0
情報インフラが全く無い時代に地球の反対側の正確な国力なんてわかるわけねぇだろ

144 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:46:23.80 ID:peu5ROAy0
>>138
今も全く変わらないですがそれは

145 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:46:24.87 ID:dLImKfoa0
ハルノートがなんで最後通牒なのかさっぱりわからん、
前文にわざわざ「最終案でなくたたき台」と書いてあるし、
中国撤退についても満州を含むかどうかもあいまいにしてあり
枢軸から抜けてアメリカ側につけば石油禁輸も解除すると書いてある。

146 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:46:38.62 ID:nWuMv3KC0
>>134
バルバロッサさえ成功していれば違ったかもしれないからな
ドイツがどうやって勝てたか夢見る話をすると
最終的にはイタ公が悪いって結論になる

147 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:47:06.91 ID:WNCu+Q5d0
当初はドイツ工業界をアメリカの資金が入って手助けしてたわけで
もう何が何やら俺も複雑怪奇って言っちゃいそうだわ

148 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:47:47.23 ID:L5YVyUMi0
>>143
いろいろ一から勉強しなさいw

149 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:47:48.04 ID:BAkkHeCD0
>>141
単にアメリカの都合だろ
当時の先人はそのアメリカの都合に従っときゃそれなりに良いポジションにつけるってこともわからず、
無駄に反抗してたアホ

150 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:47:51.20 ID:LnWSb9an0
【第二次世界大戦(1945年)の新型戦闘機】

メッサーシュミットMe262 最高速度:870 km/h ← さすがドイツ

P-51Dマスタング     最高速度:703 km/h

五式戦闘機         最高速度:580 km/h ← はぁ? 正気なの?(枢軸最大の人口国)

151 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:48:32.82 ID:XXmU3/HL0
>>138
戦後何十年も経ったけど今と一緒!不思議!

152 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:48:33.72 ID:nWuMv3KC0
>>145
それを信用するのか
たたき台ってことはさらに求めてくるかもしれないじゃん

オレらは結果を知ってるからあーだこーだ言えるけど
当時は未来なんてどうなるかわからんし

153 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:49:23.29 ID:96kwygoSP
ちなみにドイツはヒトラーが出てくるまでたいした国じゃなかった
でもヒトラー以降ドイツは世界の科学技術のトップに躍り出た
やはりヒトラーはシャングリラで何かを発見したのだろうか

154 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:49:38.74 ID:NTaB6EVj0
大日本帝国って劣化ナチスドイツだよね

155 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:49:39.60 ID:xb0TwFXbO
>>142

今のトレンド自国通貨建てですかね?

156 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:50:05.14 ID:Tr3gjK460
>>140
911みたいなもんだわな。

157 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:50:46.17 ID:oc+h1QCl0
アメリカ海軍vs日本

ロシア&イギリス&アメリカ陸、空軍&フランスvsドイツ

158 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:51:22.60 ID:nWuMv3KC0
>>157
ドイツ超頑張ったわ
よく6年ももったな

159 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:51:52.20 ID:BAkkHeCD0
>>152
満州事変も支那事変も仏印進駐も我慢してくれたアメリカ様だからこそ信頼出来るだろ
アメリカがそれを反故にする国なら満州事変の時点でとっくに太平洋戦争が始まっとるわ

160 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:52:07.13 ID:96kwygoSP
>>153
まあこれは冗談としても

そもそもヒトラーが誰から資金援助を受けていたか
この辺を知らない奴が多すぎて話にならん
世界史を語る上で銀行家(ロスチャイルドなど)抜きには語れん

161 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:52:28.77 ID:vk8eoZq40
勝てる見込みがなくてもそうせざるをえない状況になってたんだよ当時

162 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:52:32.91 ID:25Pl9UuV0
>>157
国民党軍と共産党軍入れろよ

163 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:52:40.39 ID:Tr3gjK460
>>157
アメリカ人のトラウマは圧倒的に日本だぜ。

その土人レベルの戦力を精神力だけで
実用レベルにまで引き上げたのが旧軍。

164 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:53:03.43 ID:nWuMv3KC0
>>159
軍に、じゃなくて国家に無条件降伏を出してくる
糞うんこペテンアホ大統領の何が信頼出来るんだよ

165 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:53:28.54 ID:ELI0C6PXP
>>161
東北人が貧しいのにアホみたいにガキ作るからいけない
満州だ朝鮮だ南北アメリカだって植民地がいる羽目になっちゃった

166 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:54:23.14 ID:aFHi28Lp0
中国から撤兵と三国同盟解消がハル・ノートのキモ
あとは資産凍結解消とか最恵国待遇の通商条約とかだ
仏印撤退は日本案で提示したがこの2つがフザケンナとなって暴走した

167 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:56:13.95 ID:BAkkHeCD0
>>163
んなわけねーだろ
太平洋戦線のアメリカ将兵は「楽な相手に楽してるザコ」扱いされ、
大統領になろうと思ってなかったヨーロッパ戦線のアイクは無理やり担ぎだされて大統領になったが、
大統領狙いまくってた太平洋のマックはなれなかったのに

168 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:56:50.55 ID:aFHi28Lp0
まぁ中国で死んだ兵士に申し訳ない
禁輸されたし中国と戦争する為には南方の資源だ
ついでにアメリカともやってやる
これだもん、馬鹿丸出し

169 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:57:06.84 ID:25Pl9UuV0
だからリットン報告書呑んどけよ
ファビョって常任理事国の地位を放ってまで国連脱退してそれが勇ましいとかアホの極み

170 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:57:14.81 ID:MA5kra6a0
いやあの時間違いなく世界二位だったからな
現代より凄かった

171 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 21:58:15.59 ID:BAkkHeCD0
>>164
勝ちまくったら国家だろうがなんだろうが無条件降伏つきつけるのは当たり前だろ
どう足掻いても負けるしか無い日本がそれを嫌がってたのがアホ過ぎただけだ

172 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:00:52.07 ID:/8A1yUQw0
>>170
いや流石に米英コンビが1、2だろ
ソ連やドイツを上回っていたとも思えない
フランスや下手したらイタリアより下じゃないか

まぁチョンやチャンコロに舐められてる現代よりはマシだったろうけど

173 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:01:33.09 ID:oPNgRz2Y0
今でいうと北朝鮮みないな国だからな当時の日本は。
金体制=天皇•皇室だと思えばわかりやすい。

まだアメリカに戦争しかけない北朝鮮の方が頭良いか。

174 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:02:08.13 ID:nWuMv3KC0
>>171
だから交戦してボロ負けはしたけど戦略的には勝ち抜いただろう

今こうして日本が顕在してるのに
あの時の軍をボロッカスに叩くその神経がわからん

反省は必要だがな

175 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:02:16.08 ID:Tr3gjK460
まぁどう転んでも今以上の結果はなかったよ。

命を捨てて全力で抵抗して
全面的に負けたのが全てプラスに働いた。

朝鮮併合が結果的に朝鮮戦争の引き金になったのもナイス。

176 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:04:14.36 ID:25Pl9UuV0
>>174
戦わなかったら、台湾も南サハリンもまだ日本領だったぞ
ひょっとしたら半島も満州も

177 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:04:19.13 ID:L/iRHbCw0
WW2も日本が欧米からの植民地解放プランを持っていれば聖戦だったのにな
WW2がなければ欧米以外の国が、
植民地として支配される世界モデルになっていただろうから

178 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:04:20.56 ID:zG/5j+3P0
戦争前までは確かに海軍力は世界2位だったよ。
アメリカが戦時体制に移行したらあっとういう間に抜かされたけど
陸軍はただのカス、チンカスみたいなもの

179 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:04:43.89 ID:BAkkHeCD0
>>174
戦略的には何も目的果たしてないだろうに何いってんだ
当時の日本の目的は、資源地帯を手に入れて欧米列強からの禁輸政策を無効にし、外交上のフリーハンドを得ること
が、戦後の日本も戦前と変わらず無資源国家だ
仮にアメリカと対立した場合、禁輸による締め付けを回避する手段は今もない
領土領海が減った分、資源が出る可能性も減ってんだしな

180 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:04:47.83 ID:WNCu+Q5d0
中国には勝ったと思ってる日本人も多いんだろうな・・・
ま、ゲーム脳だしな

問題は現代の中国の軍人がどう思ってるかなんだよね
日本には勝ったが蹂躙された、恨みを雪ぐって考えてる人が多いとちょっと困ったことになる

181 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:06:59.51 ID:ELI0C6PXP
>>177
第一次世界大戦で国際社会、列強が出した結論って分かっとる?
日本人にとって大戦って言うと圧倒的に第二次世界大戦だろうが、
欧州にとってはむしろ第一次世界大戦だって分かっとる?パリの凱旋門に行ったことある?

182 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:07:22.81 ID:LxtxY5ba0
日中戦争が長引いたために壊滅寸前だった毛沢東は得したんだろ?

183 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:07:39.36 ID:bg36RiwpP
今だって自惚れて経済で中韓に負けそうじゃないか

184 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:08:03.07 ID:dLImKfoa0
あの当時の日本帝国を平和裏に解体して
民主主義国にして、経済大国にするなんてアメリカ以外では不可能だった。
戦争には負けたが結果が良かった。

185 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:09:00.10 ID:Tr3gjK460
>>183
世界相手に経済戦争を始めたところだよ。

186 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:10:40.23 ID:m+B3fyQo0
>>132
しかもガチで計算したら対英米開戦して全てが上手く行っても石油の需給バランスが崩れてほっといても日本が自滅する
って結果が出たモンだから石油の需給予測を捏造するっていうオマケ付き

187 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:10:51.62 ID:6l3SkAu50
しかも哀れなことに当時の政府首脳クラスは開戦前から皆敗北するのをわかりきっていたという
近衛なんて交渉不可能になっても逃げ回っていたし、木戸は東條に敗戦責任負わせるつもりで首相に任命したし

188 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:11:16.47 ID:0Ln7BuCf0
>>183
まさにこれ
       iイ彡 _=三三三f           ヽ
        !イ 彡彡´_ -_=={    二三三ニニニニヽ
       fイ 彡彡ィ 彡イ/    ィ_‐- 、   ̄ ̄ ヽ     し  ま
       f彡イ彡彡ィ/     f _ ̄ ヾユ  fヱ‐ォ     て  る
       f/ミヽ======<|-'いシ lr=〈fラ/ !フ    い  で
       イイレ、´彡f        ヽ 二 _rソ  弋_ { .リ    な  成
       fノ /) 彡!               ィ     ノ ̄l      .い   長
       トヾ__ら 'イf     u    /_ヽ,,テtt,仏  !     :
       |l|ヽ ー  '/          rfイf〃イ川トリ /      .:
       r!lト、{'ー‐    ヽ      ´    ヾミ、  /       :
      / \ゞ    ヽ   ヽ               ヽ /
      ./    \    \   ヽ          /
   /〈     \                 ノ
-‐ ´ ヽ ヽ       \\     \        人

189 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:12:57.62 ID:NXfykUcP0
>>33
戦前の東京とか大阪もこれくらいはあるだろ

190 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:13:25.76 ID:wybSh5K30
>>175
途中で降伏してれば古い町並みは焼けなかったし、有能な人材も死なずに済んだ。
あと海外領土も幾らか残る。

今の結果は最悪。

191 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:13:29.78 ID:XvOK1scr0
>>185
20年前に終わった

192 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:15:09.84 ID:BAkkHeCD0
>>189
ねーよ
上海に上陸した日本兵が冷房の効いたビルに入って
「尋常でない寒気がする。ここは何かがヤバい」
つってビビって出てきたくらいだし

193 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:15:12.59 ID:GZIojus90
>>189
奥の方に何か見えてる

194 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:18:00.16 ID:BAkkHeCD0
つまり、当時の東京大阪の都会度は、欧米列強が資本投下してた中国の上海にすら負けていたんだよ
そんな状態で、アメリカ本国の都市であるデトロイトになんか勝てるはずもない

195 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:18:00.69 ID:ELI0C6PXP
戦間期の欧州もまた戦争のでヤバイんだけれどな
当時のドイツなんて変態肉屋が浮浪児さらって
犯って、殺って、肉として売るぐらいだから

勢いあったのはアメリカ、って言ってもUSって意味じゃなくて
アメリカ大陸、カナダやアルゼンチンやベネズエラあたりも含んでね
あとはもちろんオージー、ニュージーランドも伸びてた時期

196 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:18:02.66 ID:25iUVbQG0
あの戦争で最悪だったのは原爆2発も落とされたこと
いずれ資源を求めて外に出てどこかと戦争してたと思うよ、それで勝ったり負けたりするのが普通
でも原爆で完全に戦意喪失して危機に対する意識がなくなった。それで福島原発事故起こすとかもう救いようのない国家に成り下がったと

197 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:19:07.06 ID:cNl+WD7p0
>>1
維新日清日露と暖かく頼もしく怪しく背中を支えてくれたオヤジアメリカ
そんなオヤジが最近態度違うじゃん
アタシ日本ちゃんはキラキラしてるのが大事なんでしょ?キラキラしてるでしょ?!どうして!
ってファザコン抉らせての一大反抗期を実施しただけだもん
こんだけやれば「分かった」って言ってもらえるに違いないもん!
でもオヤジは怒った 
オヤジまじコエェ さすが俺のオヤジコェェ 
で今に至る

198 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:19:13.99 ID:O+dMfA7W0
でも周り見てるとうぬぼれてる奴の方が成長するよね

199 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:19:55.36 ID:iFT9CmDh0
>>56
米国はWWTでも強くなかった
当時は中南米の弱い国を虐めている雑魚扱いだったのが大きい

米国自身も自分を強いと思っていなかったらしく
戦車の設計ではWWU開始まで、フランスの真似をしていたそうな

飛行機が戦争に重要で、その生産数が勝敗を決め
自動車工場が飛行機工場に転換するのが容易であり
自動車生産が世界一の米国が最強であることに
戦前まで誰も気づいていなかったようだ

やってみないと解らなかったというしかない

200 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:20:31.85 ID:NXfykUcP0
>>192
それ田舎もんなだけじゃね?

201 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:20:48.51 ID:Tr3gjK460
>>198
自己卑下なんかしても最終的に待ってるのは首吊りだからなw
頭空っぽで生きたほうが強いのは当たり前。

202 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:20:55.12 ID:25Pl9UuV0
>>196
原爆で正解だったわ
あれがなきゃ本土決戦は間違いなかったから、東日本はソ連領になってた

203 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:21:41.37 ID:BAkkHeCD0
>>200
東京出身者が多く含まれてる師団の話
あと名古屋の連中も行ってるし

204 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:22:25.94 ID:OkjhH/EI0
世界恐慌で資源もない大した植民地もない日本はどうすれば国力を維持できたのか
あの時代弱みを見せればすぐ侵略される世界で一体どうやって
この問題に答えられる奴は居ない

205 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:23:18.31 ID:Tr3gjK460
んで何より最高だったのは朝鮮戦争だからなw
あれが起きたことで敗戦で失うはずだった
あらゆるもんが帰ってきた。経済発展までね。
在日難民はマジ最悪だけど。

206 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:23:32.48 ID:ELI0C6PXP
アメリカは戦争以前に欧州列強からすれば国際政治童貞だもん
戦間期までは若干工業力が豊かなぐらいで雑魚扱い、相手にされてないよ
そもそも国際連盟加入すら直前でビビって止めるぐらいだしw

207 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:23:50.43 ID:BAkkHeCD0
当時の東京でも、冷房のあるビルなんざ1つ2つしか無かったらしいしな
対して、同時期の上海では冷房なんか珍しくもなかった

208 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:24:21.18 ID:6iKofAgi0
>>204
資源もないのに勝てるわけ無いだろ
↓  ↑
戦うしかなかった

堂々巡りのアンポンタンかってのな

209 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:24:52.74 ID:NXfykUcP0
>>203
そうなのか?
都市部だと冷房くらい百貨店にあるのかとおもったわ

210 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:25:07.62 ID:8AueX5Zi0
>>204
すぐ侵略される時代は第一次大戦まで

211 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:25:20.15 ID:iFT9CmDh0
>>103
ああそういう話は聞くわな
もっともならばどうして同じショールームだったドイツは失われた何十年じゃないの?

ここに来てアベノミクスを米国が容認したのも
そろそろ日本を発展させないと中国の属国になりかねない危機感が出てきたんだろう

>>188
それは感じる
経済の中国依存を高めれば中国に恫喝されることが増えるだけだってのに
中国に進出しまくる財界は
我欲のために中国から撤退できなかった日本陸軍と同じだ

212 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:26:03.21 ID:ELI0C6PXP
>>204
侵略は国際連盟で明確に禁止されている、それじゃあかんの?
っていうか当時は帝国主義や侵略なんて終わり、WW1の反省でとっくに国際協調主義に移ってる
時代で言えば、ロシア革命やワイマール共和国なんてのもあって今で言うところのサヨクな時代

213 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:26:08.13 ID:cNl+WD7p0
>>200
当時の東京でも資本が貧弱だったから設備はあれど稼働制約の方が大きく
中国大陸の都市開発に欧米資本が淫靡に集まってた状態からすると
田舎者じゃなくてもそういう皮膚感覚になることはあったと思う
むしろ当時の東京のありようを嫌って大陸浪人するイケイケさん沢山いたでしょ
まー体系的に記述するの不可能ですよグチャグチャしまくりで

214 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:26:26.82 ID:FdRSn+it0
>>1
当時、
人種差別の時代と世界恐慌で
日本はいじめられた。

215 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:27:21.49 ID:m+B3fyQo0
>>200
アホか、1931年にエンパイアステートビル出来とるし1920年代にビル街があちこち有るぞ
戦前日本の高層ビルを上げてみろや

216 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:28:14.00 ID:Bo1OYeZV0
ネトウヨ見てれば分かるな
当時は国民総情弱状態だったし

217 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:28:44.93 ID:2zer4OUFO
>>215
震災で建築基準法に高さ制限が出来たんだよ
戦後解除されて霞ヶ関ビルが建った

218 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:28:59.45 ID:LxtxY5ba0
>>209
昭和の後半でもまだ列車の冷房すら完備してねえぞ
コンビニ普及前は小売店もやばい

219 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:29:40.68 ID:NXfykUcP0
>>215
NY以外にあるわけねーだろ頭大丈夫か

220 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:31:31.10 ID:ELI0C6PXP
当時はニューヨークよりもシカゴのほうが勢いあった時代だわな
そんなんでマフィアが大暴れしていたわけだけれども

221 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:32:02.93 ID:dLImKfoa0
あの大戦がなかったら今のアジア、特に中国や韓国の発展はなかったわ。
日本が頑張ったおかげだろ。

222 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:32:26.38 ID:8HX154d20
もっと遅らせて戦争やってたら、ソ連やらいろんなとこの植民地の動向とかも含め
世界の流れがもっとスゲェ混沌としてたろうな。

あの当時の兵器・武器で世界大戦を経験しといたのも人類にはよかった。

223 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:32:30.02 ID:TVSwaboc0
そもそも対中戦争すら想定していなかったんだろ
ダメじゃん

224 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:33:58.87 ID:m+B3fyQo0
>>217
日本で高さ規制の法律が出来たのが大正9年、関東大震災が大正12年なんだが

225 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:34:01.05 ID:y+63QD6J0
中国のパクリしかできない猿が中国様にまぐれ勝ちしたら自分らが人間だと勘違いしたんだろ
中国や欧米とは違う猿だから原爆落とされたけどw

226 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:35:13.04 ID:4/bVQx4I0
露助に勝ったから
たとえギリギリで負けそうになってたとしても勝ったから
勘違いしちゃうわなそりゃ

227 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:35:19.53 ID:8HX154d20
>>225
負けてばかりの劣等支那人かわいそうに。

228 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:35:32.85 ID:FCAK6FHM0
中国と韓国には完勝だった
中国の当時の首都は南京だったし

229 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:36:16.05 ID:jBI8CPYu0
勝つつもりがないのに戦争するのはアホって坂口せんせいも言ってました

230 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:37:24.17 ID:Tr3gjK460
>>228
完勝というか戦時中は日本国韓国県だぞ。
南朝鮮という国は一回消滅して日本領になったわけさ。

今隣に有るのは建国70年のよう分からん新興国家。

231 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:37:56.64 ID:ELI0C6PXP
さんざん拡大した帝国主義ってのがみんなの予想通り第一次世界大戦で、
ついに世界最終戦争が如き悲惨な結果を迎えた、って認識は持っといたほうがいい
そんで若者ごっそり消えたような世の中で、侵略だ植民地だ言うと思う?

232 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:39:10.25 ID:dLImKfoa0
中国は戦争は弱いが政治力と外交力で勝ち抜いてきた。
今巨大な領土を保有してるのもそのせい。

233 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:39:18.23 ID:kLaxguf30
ネトウヨ見て謎がとけた

234 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:39:18.52 ID:LxtxY5ba0
>>231
第一次世界大戦の意味を日本は今でも理解してないじゃんw

235 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:39:32.36 ID:6l3SkAu50
>>228
全然
中国戦線泥沼で死にそうだったよ
日に日にジリ貧になりモノがなくなり閉塞感にたえられなくなったからこそ、鬼畜米英討つべしの声が高まったわけで

236 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:40:32.73 ID:6zGJv/kh0
子供の為にトムとジェリーのDVD買ってやったんだけど、パッケージの裏ひっくり返したら、アニメの制作自体は1947年とかそれくらいなのな。
そりゃ負けるわと思ったわ。
アニメの中の生活が一般的なアメリカ人のそれってわけじゃないだろうが、まあ少なくともそれに近いものではあったんでしょ?
片や日本はモンペ着て欲しがりません勝つまではだぜ。
しりゃ負けるって。

237 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:40:48.36 ID:2zer4OUFO
全ての原因は軍部が国家総力戦を何も理解していなかったという事だな

ギリギリとはいえ日露で勝利し、第一次大戦を通しても学ばなかった
いや、正確には部分的には学んだけどもそこで終了してしまっていた
第一次大戦から戦闘機は巴戦、戦車は歩兵協同の火点制圧と決めてかかり零戦やチハが生まれた

しかしいざ開戦すると、戦車は戦車戦によってより厚い装甲と強い砲を求め、戦闘機はハイパワーエンジンと重装備による高高度戦闘が主流となった
海軍は戦艦よりも輸送船舶と護衛艦隊に潜水艦が不足したのだ

だが気付いた時にはもう遅い
戦争が変わり日本が慌てて用意しようにもアメリカは国力と技術力によって押し潰した
漸く新兵器が出て来た頃には、既に人材も資源も使い潰してしまっていた
戦争の変化に気づかないかったのが悪いのでは無い、そんなのは有り得ぬと決めて掛かったのが全ての原因

238 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:42:09.19 ID:I/denev90
だから悪いのは青年将校だって
青二才の勉強だけできるカッペが「日本最強!毛唐wシナw」とか調子乗って
その過激化した奴らが穏健派の政治家軍人を粛清暗殺
これでなんで国民が悪いなんて事になってるのやらw死ね糞

239 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:42:58.22 ID:PU4SOMKJ0
餓死して死ぬか、報復して死ぬかの違い。
戦争してなくても死んでた未来だ。

240 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:43:36.54 ID:MOFiUtly0
朝鮮がすべて悪い

241 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:44:19.91 ID:SZ+yjo2F0
特に自惚れていなかったはず
トップ層は開戦する前からすでに負ける事がわかってた
そもそも石油禁輸+ハワイに戦艦集結の時点で宣戦布告されてたようなものだ

結果的には、原爆を理由に本土決戦前に降伏した判断は素晴らしかったと思う
あれがなかったら日本は確実に無くなってた

242 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:44:53.54 ID:2eYP5aMW0
>いやあの時間違いなく世界二位だったからな

そう、第一位ドイツと二位日本だったんだよな

243 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:45:54.73 ID:nLrRA/fM0
国民が暴動起こすだろうが
中国から撤退するしかなかった
これしか戦争回避の方法はない

パナイ号事件、中国無差別爆撃、南京占領で
アメリカの印象死ぬほど悪くした
中国進行を続けてアメリカの経済制裁を交わす方法などない

244 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:46:01.95 ID:eFxpo6Ot0
>>235
終戦前年の昭和19年ですら日本は支那の内陸3000キロを走破してチンピラゴロツキを
ド突き廻してたんだよ。

245 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:46:06.22 ID:m+B3fyQo0
>>219
無知晒して恥ずかしいのう、1920年代にニューヨーク、シカゴ、アトランタ、ロサンゼルス辺りは高層化が始まっとるわ
シカゴのトリビューンタワーとか知らんのか

246 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:48:10.32 ID:oli5RRuo0
>>230
日本国もなかなかの新興国家

247 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:48:48.38 ID:UtBYx6Mz0
『運命のミッドウェー海戦』 草鹿龍之介
もともと実力があってこそ戦争が出来る。もちろん寡勢克く大敵を制するが、これとても見透しがあってこその問題である。
幕末の剣豪山岡鉄舟は終生一度も人を斬らなかった。禅に徹しその徳は聖僧の如く、幕臣にして順逆の理を弁え、
物騒なる時に尚、常に平和の使途たる事を忘れなかった。
今から考えるとミッドウェー作戦には無理があった。大体戦争全体に無理があった。
人も艦も疲れていた。それに人を責める訳ではなく自分の心に驕りがあったことを反省する次第である。

ミッドウェー海戦には余りに疲労し過ぎたか、源田中佐は健康に勝れず無理をして働いていた。
淵田中佐は盲腸炎を患い私室にて病臥中であった。これらの事もこの如きの戦果の目に見えぬ一因であったろう。
敗残の部隊を率いて引き揚げるわれわれの胸中は誠に万感交々至るで、まず何の面目あって、故郷の山河を見んという感情でいっぱいであった。

連合艦隊司令部には、戦況発表は真実そのままを以ってせんことを希望したのであるが、大本営の発表は例により、鳴り物入りで戦捷を報じた。
海上に於て悪戦苦闘する者の身になれば、国民が真実も知らず有頂天になるのを見ると、何とも言えぬ情けなさを感ずる。
真実を知り、真に喜憂を共にしてこそ働き甲斐がある。
東條首相がいわゆる大東亜共栄圏を飛び廻り、或いはこれらの人々を呼び集めヒットラー張りの演説等を行うのを見て実に厭気がさした。
 『完本・太平洋戦争』より

248 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:49:16.21 ID:nLrRA/fM0
>>238
国民も毛頭やシナを殺せと
戦争支持してたからな

いまのオマイラだってシナチョン言ってるだろ

249 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:51:49.35 ID:C9XFnuD70
>>145
翻訳するときにたたき台部分は削除しちゃったんじゃないか

250 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:53:59.63 ID:+JE5z9Ue0
>>33
これ見た瞬間に降伏してるわな

251 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 22:57:00.24 ID:gbbeNOsH0
マッカーサーがアイシャルリターンした辺りまでは良かったのにね

252 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:00:59.34 ID:MsLN369z0
>>244
お前は近代戦とヤクザ同士の抗争の区別もつかんのか

253 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:01:02.11 ID:Tr3gjK460
>>250
ボブサップに尻の穴を舐めろと言われて
大人しく舐めるのかって話さ。

254 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:01:47.90 ID:6jnd+Kv40
アメリカが愛国団体やメディアへ資金を提供し戦争を煽ったから戦争になったんだよ


今の日本における反中・反韓報道や中国における反日報道も全く同じ


日本と中国とを戦争させようとしてんだよ

255 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:02:18.45 ID:rAOz25ck0
3ヶ月だか6ヶ月で終わらせる計画で、失敗する事を考えてなかったと聞いて
日本人の出来の悪さに絶望した

256 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:03:09.72 ID:Z/Jv0wqG0
>>250
実際に「風とともに去りぬ」のカラー映画を見て、「勝てねぇわ」と思ったって話があったな。

257 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:03:11.84 ID:9YC0Y/cz0
>>238
ネトウヨ見れば一緒になってホルホルしてたのが想像つくだろ

258 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:03:44.28 ID:SCjtcU2G0
反米の連コリホルホルスレか

259 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:04:08.86 ID:RdL/JnhC0
あんだけ領土広かったのにぜーんぶ失って
アホウとしかいいようがないわ

260 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:04:38.23 ID:aLsCdKim0
>>253
臥薪嘗胆とは何だったのか

その理屈だと三国干渉の時点で日本は三国相手に戦争しないといけないよね

261 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:06:02.55 ID:2zer4OUFO
1942年終わりまで太平洋での日米兵力は均衡だったからね

でも結局1943〜1944年の一年間に
エセックス級空母11隻
インディペンデンス級空母9隻
商船改装護衛空母115隻
を建造したの

日本はミッドウエーで負けるまで呑気なもので、慌てて空母量産開始して1944年時点で大鳳しか出来上がってない

262 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:06:33.73 ID:I/denev90
>>248
それすらも教育の結果でしかない

国民の間で対米戦争なんて風潮が生まれるのも当時の日本がやった教育の結果だ
開戦前夜の日本でアメリカと言う国はどういう人がどういう文化生活をしているのか
少しでも理解していた国民は一体何割だろうか

自分の中にある小さな常識だけで物事を判断するのも罪だが
戦争が終わるまで国民に何も知らせなかった日本政府や軍部の罪はもっと重い

ちなみにシナチョン言ってる「お前ら」というのはただの底辺
社会的にも経済的にも落ちこぼれた奴が最後に縋れるのは国家と言う威信だけって話
大多数の日本人の感性とはかけ離れているから参考にならないね

263 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:06:56.42 ID:ELI0C6PXP
っていうかなんでアメリカと戦争してるんだっていう
反植民地、反欧州ってんじゃ気が合う仲間なのにさw
まー日本がアメリカ裏切って植民地主義に走ったせいだが

264 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:07:01.87 ID:Tr3gjK460
>>258
朝鮮戦争さえ起こさなければ
今の日本の地位は韓国の物だったはずだからなw
悔しくて悔しくてたまらんのだろうw

265 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:08:02.62 ID:lMtnwpWSO
開戦後一年以内にアメリカ本土上陸してたら勝てた

266 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:08:27.80 ID:BAkkHeCD0
>>253
個人の意地の問題なら舐めずにボコられるって選択肢もありだが、
日本人口一億に責任を持つ政治家の問題であれば舐める一択だろ

267 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:09:27.99 ID:WNCu+Q5d0
>>254
米中日は経済的に強く結びついてる
兵器を買わせるとか東アジアを不安定なままにさせるというならわかるが
戦争させてアメリカにどういう利があるの

268 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:09:58.97 ID:YgvvG5wR0
ゆうちゃん逮捕したものの難航している今の警察みたいに
やっちゃえば結果が後からついてくるみたいな考えだったんだろ

269 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:11:32.95 ID:H1Rw7PQ10
統帥権を政争の具にしてシビリアンコントロールを投げ捨てた時点で終わってた

270 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:12:18.50 ID:Ygi+zAH00
>>253
ボコられた上に最後はベロンベロンになめさせられたわけだが

>>267
確かに
日中がくっつくのをけん制だろうね

271 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:12:25.32 ID:ELI0C6PXP
まずなんで日本が朝鮮やら満州やら植民地持たなきゃならなかったのか?
中国を侵略せねばならなかったのかあたりは考えてない奴も多いわな
酷いやつだとロシアやら、欧州の侵略やら言い出したりしてw

272 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:12:58.44 ID:RdL/JnhC0
まあどのみち大陸(満州と関東州含む)からは撤退を余儀なくされていただろうし
朝鮮半島も独立してるだろう多分
でも南樺太・千島列島・台湾程度は残れたはずだろうなあ

273 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:13:51.46 ID:m+B3fyQo0
>>256
軍縮条約で対米強硬論者に「休暇やるからピッツバーグで煙突数えて来い」って話は有名だね
つーか近代戦において日本ほど統計や数字を軽視した国って無いんじゃないかな

274 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:15:17.40 ID:wARGxLw70
せやな

275 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:15:45.58 ID:mEdkW0Vp0
アメリカ崇拝がうざいな
もしアメリカ独立していなかったらイギリスが世界支配してんのにドヤ顔すんな

276 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:15:47.67 ID:dLImKfoa0
何よりも精神力を重視して物質を軽視したからな。
だから統計でいくらアメリカの国力を測っても、精神力で
アメリカに優ってるから勝てるとなる。

277 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:17:16.81 ID:aLsCdKim0
>>271
朝鮮は満州への足がかりであったり、資源が目的であったり
満州は、当時日本では人口が増え、さらに不作やら不況やらで
大量の失業者が溢れ、世情が不安定になる恐れがあったのよ
だから、そいつらを「満州ってステキな土地があるよ!」ってエサで釣って
追い払ったという・・・その時主張してた「満州は日本の生命線」というフレーズが
いつしか皆鵜呑みにしてしまって、自分自身のクビを締める結果に

278 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:17:32.04 ID:ML8sGvbl0
マッカーサー「日本を経済的に追い込めば自滅戦争を仕掛けてくる」

279 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:19:22.51 ID:/fwjb/vvP
>>268
完全に当時の日本はゆうちゃんだろ
調子乗って奇蹴攻撃したが反撃されフルボッコ勝算はなにも無いくせ負けを認めない
何がしたかったのかもさっぱりわからない
きもい擁護派がいるのも一緒だぜ

280 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:19:29.75 ID:ELI0C6PXP
日中が停戦したとして、満州に関してもアメリカは大して無理言わなかったと思うよ

せいぜい長期的に満州の民族自決を認め独立させろぐらいで
基本的な立ち位置はリットン調査団程度のものだと思う
急に手放せとか言えるぐらい過激なポリシーは取れない

281 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:20:18.67 ID:2zer4OUFO
>>273
1936年に天皇陛下に上奏した伏見院は、天皇陛下の軍備で欧米に負けるのではという心配に対して
「今後10年は対米7割程度の艦艇数は確保できる」
「数はアメリカに負けても巨砲戦艦と高速魚雷を開発中で、これさえあれば充分に対抗出来ます」
って言ってるからな

天皇陛下の方がよっぽど分かっていらっしゃった

282 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:20:57.69 ID:2eYP5aMW0
おまえら安心しろ

このドイツの攻勢でソ連終了。イギリスも屈服してアメリカも講和に応じる。
http://www.youtube.com/watch?v=mzm7m8MKyLY#t=21m57s

ドイツと同盟を結び、フランス新政権を承認し、米英に宣戦する。
これもひとえにドイツ勝利後に日本が確固たる地位を得るための行為なのですぞ。

283 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:24:40.72 ID:6iKofAgi0
>>238
当時の教育の賜だな

284 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:24:42.21 ID:25Pl9UuV0
>>281
分かってるなら説き伏せろよ

285 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:27:24.26 ID:ELI0C6PXP
アメリカ崇拝と言うよりも当時のアメリカの対日政策はかなり温情的で妥協的、仏印進駐まではね
まあアメリカも国際政治童貞だし、厭戦があったし、モンロー主義だしで

ただ仏印進駐の頃には欧州がナチ放置したせいでエライことになってたし、
仏印進駐自体がナチ絡みの話だし、アメリカも一気に冷たくなっちゃって日本も一気に追い込まれるが

286 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:30:40.42 ID:2zer4OUFO
>>284
専門家にそう言われたら終わりだと思うぞ?
確かに戦前のアメリカは軍備がショボいし、開戦時点での太平洋に配備された兵器は日本でも潰せるレベルだったからなあ

結局、軍人は装備品だけを見てただけ
アメリカの年間100万台を超える自家用車製造工場が、飛行機と戦車作ったらどうなるなんて想像もしなかったんだろ

287 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:31:28.76 ID:LxtxY5ba0
イギリスがアメリカを抱き込むのに成功した
これが大きい

288 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:35:47.05 ID:ELI0C6PXP
英米ってのには独立以来長い間距離があったのにな
微妙に超えない一線みたいなのがあった

289 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:36:45.80 ID:Z/Jv0wqG0
黄禍論が触媒になったんだろうな。

290 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:38:14.82 ID:M9T5uRyA0
負けるのを知ってて戦争したんだろ

核兵器の人体実験がてら最初からお互いブックありの出来レースだった

291 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:41:43.34 ID:nWuMv3KC0
>>179
へ?今も日本健在してるでしょ?
勝ち抜くことはできたよ

俺らこうやって2chできてるのも
あの戦争を戦略的に勝ち抜いたからこそ

戦術的にはクソメタクソボロ負けしたけど

292 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:41:50.07 ID:I/denev90
>>279
海軍内でも条約派・艦隊派で対立はしてた
それも日華事変の深刻化に伴い開戦派が圧倒的になるけど

とにかく政情不安定で、開戦が近づくにつれ公人・将校の独断専行も酷くなるから
日本という枠で考えると理解出来ないのは当然

293 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:43:26.15 ID:nLrRA/fM0
>>262
知らせたとしても
当時の日本国民が納得したとは思わん
アメリカの国力が日本を圧倒しているなんて
誰でも知っていることだ

だけど当時のおまいらは鬼畜米英とかほざいてた
いまのオマイラも尖閣購入基金へ大量募金したり(底辺にあんな金出せるやつはいない
社会的地位や収入がそれなりの者たちも精神的には「オマイラ」だろう)
竹島問題で韓国に反発してるように

国民は感情的で自己愛と他国への侮蔑心が強い
そして理性的でなければいけない軍や政府首脳も
精神が「オマイラ」レベルにまで落ちていた
これじゃだめだ

294 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:44:19.79 ID:nWuMv3KC0
まぁハル・ノート受け入れて無条件降伏してても
現在以上の結果になるのは難しそうだけど

ハワイまで侵攻して西海岸に大和出現させれば
けっこう完全勝利だったかもしれんが

夢が膨らむな

295 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:44:27.25 ID:ELI0C6PXP
ま〜いろんな意味で今の視点からモノを語り過ぎだわな
それに今の政治豚の自慰史観やら反米やら米帝国視点やらも加わったりして

296 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:46:20.21 ID:nWuMv3KC0
>>295
歴史を語るなら当時の価値観に戻らないとダメだよな
イタリアは降伏して今も国として残ってるから日本もそうすりゃ良かったとか
後からなんとでも言えるわ

歴史を遡ればマシな選択肢なんて思いついて当然なのにな

297 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:47:06.15 ID:nLrRA/fM0
>>287
別にイギリスが何か働きかけたわけじゃない
むしろ日本がアメリカをイギリス側に追いやったと言うのが正しい

パナイ号爆撃で悪化させる(日本側じゃ賠償金払って解決したと思い込んでいるが
アメリカは全然許してなかった)
斉南無差別爆撃、南京虐殺
南部仏印親中
逆切れして真珠湾攻撃

日本と言う気違い国家がこれほどやらかせば
それに対抗すべくアメリカがイギリスとくっつくのはむしろ当然

298 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:47:16.04 ID:/7Df8f3h0
勝つか負けるかだけでなく
戦争途中で停戦する選択肢もある
それは十分に駆け引きとして選択肢に上がり得るモノではあるんだよなぁ

まあ、要は「おまえ単細胞すぎなんじゃね?」って事が言いたい

299 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:49:59.43 ID:dLImKfoa0
色々選択肢はあったにしても真珠湾攻撃だけは無い。
それをやると厭戦だった米国民をやる気にさせるから
それだけはやってはいけなかった。

300 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:50:32.20 ID:Ygi+zAH00
>>296
当時の価値観、現在の価値観
両面から見る必要がある

301 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:51:27.98 ID:ELI0C6PXP
当時は植民地主義とか帝国主義とか言っちゃうのは
まさに現代から見た政治がかった当時に対する視点だと思うわ

まぁそうでもしないと日本の侵略の正当化が難しいってのは分かるがw
そういや他に日本の侵略を正当化する言説として、コミンテルンの陰謀ってのもあるなw

302 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:51:44.26 ID:Z/Jv0wqG0
>>299
当時は真逆の考えだったらしいけどな。
「米国なんぞバスコーンやったらビビって日和りよるわw」って
厭戦気分を盛り上げる意味で攻撃した。

303 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:54:06.58 ID:dLImKfoa0
>>302
頭おかしいと同じ情報でも真逆の判断を下すからな。

304 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:54:20.45 ID:nWuMv3KC0
真珠湾は確かになぁ
奇襲になっちゃったからな
あれでアメリカ国民の士気を逆に高める結果となってしまった
反論擁護しようがない

宣戦布告と同時にできていば

>>300
確かに一理はあるが、日本は自虐史でしかないからな・・
平和前提で話しちゃうし・・

ま、歴史なんて次の戦争で勝つために学ぶわけだから
現在の価値観も重要かもな

305 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/17(日) 23:58:17.54 ID:6l3SkAu50
>>304
日本って自虐史観か?
責任は全て軍部に押し付けて自分たちは騙された被害者でございって顔してるのが日本の歴史観だと思うが

306 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:00:15.58 ID:mQfhh2CG0
パプアニューギニアまで戦線を広げたあたりは流石に
狂気と言わざるを得ない。

307 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:00:24.13 ID:7kXoBd660
>>305
それやってるのはブサヨだろ。
一般人はゼロ戦かっけー、大和かっけーだよ。
ガンダムだの宇宙戦艦だのまるで反省してねーよ。

308 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:02:28.53 ID:KgtxBbZ70
>>297
けっこう働きかけてたみたいだぞ?
日本が馬鹿すぎた(というかイギリスを侮ってた)のが一因だが

小谷賢『イギリスの情報外交』
http://www.amazon.co.jp/dp/4569639925

309 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:03:15.82 ID:ELI0C6PXP
なんか最近は日本はいやいや戦争をした、戦争に巻き込まれた、
酷い場合だとハメられたみたいなこと言う奴がいるが
そんな事はない、当時の日本はイケイケドンドンでヤクザ並みの超好戦主義

真珠湾だってやったれアメ公ごときぶっ潰したれってな勢いなもんでさ
もちろん中には冷静に現実主義的な人間もいただろうが、基本は喧嘩をふっかける立場
今で言えばとにかく後先なしに無駄に喧嘩ふっかけたがる石原あたりの老害と一緒

310 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:07:27.94 ID:KgtxBbZ70
中国と戦争しろとか言ってるバカに警戒しないとな
そんなことするぐらいなら体制の崩壊を助けたほうがマシ

311 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:09:19.19 ID:Sqc8U6UV0
>>307
一般人がそうじゃん
東條が悪い陸軍が悪い軍国主義が悪い、庶民はいつも苦しんできた
20年代に散々軍人馬鹿にして、満州事変でクルリと手を返したこと忘れてるだろ
東久邇宮の言った一億総懺悔の意味をわかってないだろう

312 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:10:30.65 ID:ssqhcqMI0
>>307
一般人・・・?

313 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:10:46.78 ID:Z4MmPEz00
サヨじゃないが、上層部のバカどもの判断を擁護する気はさらさらないわ
我欲の行き着く先の敗戦じゃん
石原を閣下とか呼んじゃう馬鹿どもの気がしれないね

314 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:13:09.85 ID:T8mU3Ixy0
>>293
戦前には玄洋社のような右翼集団、大政翼賛会や婦人会なども大規模に存在したが
石原老人に釣られて募金したりネットで吠えてる程度の奴らがそれと同じなんて
とんでもない認識の誤差であり、思い上がりとしか言いようがない

ネットの過激派なんてファッションだよ。実態として政党が政界進出ぐらいしないと話にならんね

315 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:14:10.51 ID:hUdPVxKF0
未だに勝てると思って戦争したと思ってる馬鹿がいるんだな

316 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:14:50.69 ID:sQXAy6O00
勝てると思ってたんだろうな、根性かなんかで……。
メーソン国家のアメリカに、メーソンから資金援助もされてた日本が
勝てるわけがなかった。メーソン的視点から言えば、日本が宣戦布告するのも
日本が負けるのも計画のうちで、その中で原爆実験をやったんだよな。

317 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:17:08.24 ID:hUdPVxKF0
勝てるわけのない戦争をしかけた日本人は馬鹿

っていう風潮がはびこると、いったい誰の精神が安定するのかを考えたことはあるか?

318 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:17:26.47 ID:ROGwlwyf0
>>314
婦人会は銀座で着飾った人を見つけては
「お前はどこの出だ、朝鮮か、満州か」と数人で取り囲んで文句を付ける嫌がらせをしていた

うーんこの鬼女

319 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:19:00.08 ID:FQa1XZxjP
勝てると思ってた奴も相当数いたのは確かだが、
ヤクザの喧嘩に勝ち負けは関係ないの同様、
戦争がしたかっただけな連中も多いだろうなと

今の韓国やら中国に対するに+の意見とか見てると
勝ち負けなんかよりもただ戦争がしたいだけみたいなw

320 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:19:02.85 ID:yZK3mDtO0
>>291
健在なだけで良しとするなら、アメリカに媚び売っても同じなんだよ
むしろ領土失わないだけ全然マシ

321 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:20:42.40 ID:BQPJWhUv0
>>271
我欲
侵略したかったからというしかない

322 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:21:41.10 ID:oy9PrLfq0
全てはロシア様に勝ってしまったのが悪い
あの戦争で絶望的なスコアだったのに日本が玉砕戦術で勝っちゃったのがそもそもの原因だろ

323 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:22:14.62 ID:ROGwlwyf0
中・韓からすれば「勝てない奴には挑まない」という軍事的常識を覆して超大国米国に挑み
終戦間際は特攻とかいうマジキチ戦法で対抗した国が今でもケロっとしてるからな

そら自衛隊軍隊化なんて怖くてしょうがないわ
いくら自国が軍備強化しても意味がない相手だもん

324 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:26:09.64 ID:FQa1XZxjP
アメリカってのは西ドイツにせよ、
日本にせよ本当に温床的に接したよな
両方が世界経済支えていた時期があるぐらいだもん

一方ソ連に支配された東ドイツ東欧諸国は...
ま〜確かに工業化っていう意味じゃ発展させられたがw

325 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:26:45.03 ID:P6y3RKKbO
太平洋戦争自体、アメリカを潰すのではなく南方の資源確保の為だし

資源地帯を占領し資源を輸送し、出て来るアメリカを叩く
一方では中国で延々と戦線拡大

何を目指していて、そして実行するだけのリソースがどこにあったんだって話だ

結局日中戦争で軍に引っ張られて止まらなかったんだろうな

326 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:31:53.98 ID:XfL6d5ntO
旧来のアイデンティティを捨て、そこから新しいアイデンティティとなりうる日本像を
確立しなければならないという絶対ヘマしてはならないタイミングで日本はやらかしたんだよね
アイデンティティが定まらないまま敗戦→欧米化したからどこに帰ればいいのかわからない
着物もちょんまげも違うし、明治以降の時代は何だか浅くて帰るべき場所ほどの重みはないし
ある時期に物凄く大切なものを簡単に捨ててしまったことが今の日本の病原なのかもしれない
もっと上手く近代化できたのかもしれないという虚しいタラレバがいつも心を曇らせる

327 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:32:17.05 ID:T8mU3Ixy0
>>322
重税で不満度上がってるから国も勝利を全面宣伝
んで国民だけじゃなく官僚や軍人まで日本は強いと勘違い
ロシアの腐敗と革命工作に助けられたって認識あったら日華事変の泥沼は無かったわ

日露戦争を乗り切った日本がなぜ太平洋戦争でああなったのか理解できないって誰か言ってたなw

328 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:39:11.13 ID:jGNd/nbi0
「アメリカ様には絶対かなわない」

コレ
誇張してすりこもうとしてる奴がいるよなぁ

なんでだろうなぁ

329 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:44:51.50 ID:oIVNM+1s0
自分に酔ったら負け

だからイスラム過激派も負けが見えてる

330 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:46:11.61 ID:Z4MmPEz00
>>329
アメリカは見えない敵にはめっぽう弱いだろ
国と違って際限なく湧いてくるから終わりがない

331 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:47:09.19 ID:cMTZNcJl0
>>328
バカは経験でしか学ばないってほんとうなんだな

332 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:50:20.20 ID:8NuOQaFP0
真珠湾前には日本のザル無線なんて全て傍受、解読されてただろ。

333 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:52:07.05 ID:jGNd/nbi0
>>331
お前らの場合は宗教だよ

アメポチ教(神妙)

334 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 00:57:30.76 ID:N3IKZf0m0
アメリカだけでなく、
ソ連や中国の戦力も大きく読み違えてたんだよなあ
正確にいうと、対ソの担当者なんかはかなり正確に把握してたけど
報告しても聞かなかった
やっぱりどっかおかしかったとしか思えない

335 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:00:17.19 ID:cMTZNcJl0
>>333
宗教に掛かってるのはお前さんなんじゃないですかねぇ…

336 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:01:55.20 ID:o9/BuCW30
明治のときって攘夷だーって言ってた人たちが留学して戻ってきたらやっぱ無理だわってなったんだっけ
昭和のときは誰か無理って言う人いなかったのかな

337 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:10:21.19 ID:N3IKZf0m0
>>336
無理だといった人を予備役編入したりはしてるよ
たとえば、第一次世界大戦の結果をみて機械化できないんだったら戦争はできないっていったひとは、陸軍のエース級だった人でも、傍系に飛ばしてるし

第一次世界大戦の観戦にいった世代は、神がかってたって言われてるひとも、実のとこは、日本には本格的な戦争はできない→できるだけ財政に負担をかけないで国境紛争に対応するために精神論を強調して、しかし、裏で政治に協力するって感じだったみたいだな
次の世代には、後半が伝わらなくて、精神論だけになったけど

338 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:12:25.84 ID:lLbrgfaR0
>>305
ドイツよりはマシだけどね

339 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:13:22.07 ID:cMTZNcJl0
>>337
今の日本とな〜んにも変わっちゃいないな

340 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:14:18.06 ID:POuEJTik0
うんこみたいな派閥抗争の中で物事が見えなくなるんだろうな日本人は

341 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:18:06.84 ID:Sqc8U6UV0
>>338
ドイツはヒトラーの台頭にだんまりだった民主勢力の反省を踏まえて戦う民主主義憲法に盛り込んだりしてるけどね
そもそも政権取った途端に民主主義制度破壊し始めたヒトラーと違って、日本は最後まで一応帝国憲法下の民主主義体制維持してるし
ドイツよりマシ()

342 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:26:43.16 ID:XJX0K8xn0
そもそも連合国側の国民はハルノートの存在知らないから
キチガイ日本は世界の問題児扱い

343 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:37:57.99 ID:zXg80577P
朝日が戦争を煽って国内も国外もそれに釣られた
この前の「防衛省が中国機へ報復射撃を表明」なんて捏造をしてでも戦争を望むのが朝日
敗戦をもたらした戦争責任を唯一問われていない存在、それが朝日

344 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:39:08.29 ID:iW1nS4O40
アメリカ以前にノモンハンあたりでもうイッパイイッパイだったんじゃねえのとは思う

345 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:50:42.87 ID:TkzVTnve0
青年期にロシアに勝った成功体験を忘れられなかった1880年代生まれが悪い

346 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:51:05.42 ID:Fkhw0RvwO
仰向けになって服従してたら今より酷かったと思うわ

347 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:51:13.22 ID:VnK7gdPf0
ジャップは集団ヒステリーになると正常な思考が出来なくなって戦争を始めるからな
安倍政権にも気をつけないと

348 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:52:04.06 ID:Rj2KmPEM0
WW1の負け組ドイツがWW2に至る経緯と比べると
日本のww2に至る経緯はちょっとわかりづらいよね

349 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:53:52.13 ID:wBGVxHRc0
最初から勝つつもりはなかったろ。
というか、対共対ソ陣営とソ連と愉快な仲間たちの争いだからな。
容共のチート国を反共に転向させたから結果オーライじゃね。

350 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 01:59:54.79 ID:tEU64sei0
>>344
つーか日中戦争時に軍事費が増大しすぎて経済的に破綻し総力戦体制に移行しとるから、太平洋戦争前の時点で日本は死に体になっとるよ
戦前日本をどっか他所の国として眺めた場合、暗殺やクーデター騒ぎが頻発して国民が軍部と戦争を支持して他国と戦争やってるなんてこれ程物騒な国は無い

351 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:03:35.61 ID:WqWLgh3C0
条約破って中国で暴れまわってアメに目をつけられた
軍は言うこと聞かない、というより軍を抑制しようとする勢力は全て軍が潰してきた
国民はタカ派で開戦派   どう考えても詰んでる

352 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:06:58.19 ID:JNWbzl5n0
当時のUSAの国力はキチガイレベル

353 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:08:00.54 ID:SrEBFAV30
自惚れていたというかもうヤケクソとしか思えない

354 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:11:25.08 ID:Rj2KmPEM0
どれもこれも歴史の必然て思えるんだけど
なんで日中戦争の早期講和に陸軍以外乗り気じゃなかったのさ
これただなんとなく中国舐めてただけなんじゃ…

355 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:13:28.61 ID:YAtfkCy50
>>354
なんとなくそういう空気だったんだよ
今も昔も空気が重要さ

356 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:14:20.06 ID:SNa8nEkY0
ロシアと清に勝って領土拡張が上手くいってたから
完全に調子こいてたんだろ

原爆二発程度で済んでありがたいと思え糞ジャップ

357 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:20:26.93 ID:JYJGWveK0
欧米支配の秩序を日本が攪乱しなければ
中国は分割、アジアの殆どの国は植民地になっていた
アジア地域に欧州住民の国があることがおかしいだろうに

358 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:24:05.59 ID:Rj2KmPEM0
>>357
そういうのはもういいよ…

359 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:26:21.50 ID:FQa1XZxjP
帝国主義なんて第一次世界大戦で終わったって何度言えばわかるんだ?
日本はそんなの気が付かず、周回遅れの帝国主義にハマるバカ

360 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:28:00.82 ID:cMTZNcJl0
>>357
その時点で踊らされてる自覚がない

361 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:29:50.53 ID:V6MtsaD/0
欧米の偽善を指摘してれば勝ったような気分にはなれるんだろうな
何の意味もないのに

362 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:29:52.02 ID:F+u5WknA0
>>15
すいません、すでに、ほぼそうなってます。
もういやです、こんな国。

363 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:30:28.00 ID:MtCt2+Sl0
未来の世界でも「なぜ日本人はFUKUSHIMAっても原発を続けたのか?」とか議論してるだろうな
個人の力なんて知れてるから国民総一億で思考停止して仕事に専念してるので
偉い人たちが勝手に国家運営やってるってだけなのに未来人は難しく考えてしまう

戦前も偉い人たちの行動一つで日本がああなっただけ。その一つ一つの理由はきっとくだらない事だろう

364 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:32:38.57 ID:kqmUKZwk0
>>363
未来は未来で、利権にまみれて同じ事やってるだろうよ。

365 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:32:46.54 ID:KgtxBbZ70
>>357
こういう半端な正当化の論理にすがるからクソ精神論が絶えない

366 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:34:48.16 ID:dXjCYyk70
奇襲攻撃から始まり早期終結を目指してたのに
アホな国民性で、途中でやめるという決断ができずに
ずるずると戦線を広げて自爆するアホ民族

核落とされてもしゃーない。

367 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:35:31.98 ID:SNa8nEkY0
>>357
欧米に取って代わって宗主になろうとしたのに
アメリカ様にぶちのめされて海外領土を全て失って
憲法の作成から何から何までアメリカ様にお世話に
なりっ放しだろアホか

368 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:38:42.41 ID:F+u5WknA0
>>18
その白人国家のつもりになって
もっと酷いことを他の有色人国家にしたのが、
ニッポンだよな。

369 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:39:03.92 ID:SNa8nEkY0
>>362
安倍とかネトウヨとか見てたら推して知るべしだよな
ジャップは本当に戦前から全く進歩してない

370 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:42:04.51 ID:jGNd/nbi0
>>361
意味がないならほっとけよカス

つーかさ、なんでお前らそんなに必死なの?

371 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:43:10.09 ID:bZQyEmNq0
あれ?
最初から勝てないのはわかってたんじゃなかったっけ?

372 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:43:40.79 ID:MtCt2+Sl0
>>369
心配しなくても財閥こと経団連がOK出さない限りあり得ないだろ
そしてそんな未来は来ないし

373 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:44:03.77 ID:l77HSh3E0
同じ過ちを繰り返すネトウヨ

374 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:45:17.78 ID:FQa1XZxjP
>>367
欧米とアメリカまでまとめるのはやめろ
むしろアメリカは植民地主義を崩した側
日本と同様、植民地主義に乗り遅れた

ただし日本と違って国土があるんで、通商と自由貿易に活路を求めた
それに植民地主義が邪魔だなんてのは自明の理だろ

375 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:45:23.63 ID:XJX0K8xn0
このスレにチョンが何人か紛れ込んで来た事はわかりました

376 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:46:03.72 ID:F+u5WknA0
>>87

いま似たようなスレがたっているのは、

今が実は似たような状況だから。

「日本が、実力も顧みず、世界に派手な喧嘩をうっていて、
大規模な紛争に突入しそう」

という状況。

昔と違うのは、戦争の方法、あり方。
武器が極度に洗練されてしまったため、
昔みたいに、開戦宣言して、兵隊が出て行って
みたいなのが無くなった。
どうなったか? それはかけん。

要するに海外から、日本に対して
「勝てもせんのに、安っぽいプライドに引きづられて、
喧嘩売るのは、もうやめたら」
とありがたくも警告されている状態。

このままでは、311アゲインだよね。
予想よりは早いかもね。

377 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:48:05.24 ID:qzIRklCXO
日本が嫌いで日本語の掲示板に必死で書き込む趣味って楽しそうですね

え、仕事なの?

378 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:49:07.21 ID:JYJGWveK0
彼らの日本語も上手くなってきているから、
祖国で日本語の素晴らしさを広めてほしいな

379 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:55:55.81 ID:F+u5WknA0
中国には、

Qoros

という名前の自動車会社ができた。欧米ではけっこう宣伝されてる。
www.qorosauto.com/

これ

「殺す」

と日本語で読める。

中国の人は本気だよ。
そりゃ、若い女の人は見つけ次第、レイプ、殺害。
しかもそれをいっこうに認めようとせず、
告発した作家は殺害。
これじゃ、永遠に恨まれるわな。

まあ、過去の悪行の報復に怯えて暮らす時代が来たということだ。

380 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:58:51.48 ID:Q7d+I//50
戦わなければ平和に暮らせるはず、なんてのはバカの妄想だろ

ブサヨってみんな無防備マンと同じ思想なの?

381 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 02:59:38.91 ID:FQa1XZxjP
門戸開放の要求なんてのはまさに自由貿易の要求で
植民地主義や海外租界崩しなんだけれども
日本だと何故かアメリカの利権要求みたいに言われんのな

一刻で利権貪るのはやめろ、平等に貿易機会を与えろって
そんなん国際社会で認められたら植民地主義終わっちゃうね
いや戦後GATTやらWTOで認められたから今植民地が無いわけだけれども

382 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:00:57.81 ID:KgtxBbZ70
>>380
その根性論で合衆国に挑んだことがあったなあという話
バカだろw

383 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:02:01.94 ID:an7AVk+h0
ドイツがすごいなイタリアの尻拭いしながら一国で西からの本気の連合軍と東からの本気のソ連と戦ってたからな
日本の場合はアメリカもイギリスも手抜いてたからなそれでもふるぼっこにされたけど

384 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:03:17.51 ID:vO92KehI0
アメリカに勝つ事はできなくても負けない様には出来ると考えた。

何もしないで奴隷に成り下がった国と
単に勝ち馬に乗っただけの国との違いは戦後の国力の違いに表れている。

385 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:05:09.43 ID:F+u5WknA0
私は在日ではないので、
ネトウヨの暴言も気になりませんでした。
ネトウヨのいうように、在日の人にも問題があったのでしょう。

私は、コレアンではないので、
ネトウヨの暴言も気になりませんでした。
ネトウヨのいうように、半島の人にも問題があったのでしょう。

私は、左翼ではないので、
ネトウヨの暴言も気になりませんでした。
ネトウヨのいうように、左翼の人にも問題があったのでしょう。

私は、マスコミの人間ではないので、
ネトウヨの暴言も気になりませんでした。
ネトウヨのいうように、マスゴミの人にも問題があったのでしょう。

私が、ネトウヨのターゲットになった時、
私の味方はだれもいませんでした。

386 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:08:52.15 ID:qm63eCfBP
>>380
今の日本がまさに戦わないで平和に暮らしてるじゃない

387 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:13:47.70 ID:GJK9E4Nx0
日本企業は癌保険参入不可だが外資だけ癌保険できる平和な暮らし

388 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:16:11.40 ID:XRbK9bDE0
>>204
そんな時代はWW1で終わってたのに遅れてきた帝国主義に熱狂していらん敵いっぱい作って自滅したんやんけ
やらなきゃやられる時代だったっていう右翼の言い訳にいつまで騙されてるんだろう

389 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:18:59.01 ID:an7AVk+h0
第一次も第二次も白人同士のガチバトルが容赦なさすぎて凄い半端なく死んだよな
白人ケンカしすぎだろ

390 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:20:17.32 ID:GJK9E4Nx0
>>388
戦後に宗主国が植民地とりかえしに東南アジアくんだりまで来てるよ

391 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:20:49.33 ID:zeK9hsxu0
>>302
アメリカを舐め過ぎたな
あの国は右頬を殴られたからといって黙って左頬を差し出す国じゃない
植民地時代に世界最強の大英帝国に喧嘩を売って独立した国だ

392 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:22:26.10 ID:KgtxBbZ70
ネトウヨとかどう考えても、日本の帝国主義の負の遺産としての中韓ナショナリズムに煽られたバカだろ

小日本主義でよかったのにな

393 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:24:34.47 ID:qm63eCfBP
>>388
元々の発端は、正当な大陸の権益を守ることじゃないの?
現代だって日本が正当に領有したと主張する尖閣を巡って、戦争に
なってもおかしくない状況までいったじゃない。

394 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:26:26.99 ID:KgtxBbZ70
大韓民国なんてもともと「大日本帝国」の気持ち悪いところを抽出したような国だぜ?

395 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:28:07.49 ID:an7AVk+h0
まあアメリカの言うとおりに中国に返したら国内でクーデター起きそうだな

396 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:28:17.52 ID:XRbK9bDE0
ハルノートもアメリカの悪意みたいに取られたりするけど
それまでに世界の敵と同盟結んで火事場泥棒繰り返してるわけだしな

現代で言うと中国と北朝鮮を足して2で割ったような国とガッチリ手を組んで裏で領土とか海外資産をかすめまくってるようなもんだろ
そりゃキレられるわな

397 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:34:11.88 ID:vO92KehI0
戦前は脱亜入欧しなきゃ生き残れないくらい
人としての存在価値やレベルが違っていたのですが。

398 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:34:51.93 ID:FQa1XZxjP
>>393
事の発端は満州事変だろ
国際連盟で禁じられた侵略を事もあろうに
国際連盟の常任理事国の日本が破ったわけだからな

正当などころか、リットン調査団が侵略認定してんよ
一応かなり日本に配慮した言い回しではあるんだけれどもな
まぁそれで逆ギレして国際連盟離脱しちゃってるんだから

399 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:45:46.74 ID:XRbK9bDE0
>>393
何をどこまで"正当"と言ってるのか見当がつかん
大陸に傀儡国家を作り他国の植民地を解放と称して火事場泥棒するのが正当なのか?
それが尖閣問題と一緒か?

結果論としては、本来は条件は違えど帝国主義に遅れた組という意味で利害の一致するところあるアメリカと共同歩調は取れた
今から帝国主義を頑張るしかないと思い込んだのが不幸の始まりで周りみんなが敵になった

400 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:51:53.89 ID:FQa1XZxjP
欧州列強と仲良くしたかったんなら国連と仲良く、
植民地支配に異議があるんならアメリカと仲良くしておくべきだったわな

まぁ国内で飢饉とか不況とかあって、東北の貧乏百姓がうるさく、
海外進出して土地やらフロンティアやら欲しいってのは分かるんだが、
当時もうすでに国際連盟があり、そういう時代ではないわけだから
歴史を見ても、政治的失敗を軍事力で回復できたためしなぞ無いわけだし

401 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:57:22.77 ID:XRbK9bDE0
もうちょっと古い話をすれば三国干渉あたりで戦争に勝ってもそれが多数の国の不利になるならロクな結果にならないってことを肝に銘じておくべきだったな
国力を付ければ舐めた要求されないっていう結論もまあ別に間違いではないんだが、それだけじゃあかんかったぜ

402 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:58:48.78 ID:JYJGWveK0
欧州に植民地化されていた国は死に体で、
自国意識も民主主義もレジスタンス運動もなく欧州の奴隷民だったんだろ
日本が対等な要求をすることで、アジアの優位性が示され植民地解放が進んだんだよ

403 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:58:58.05 ID:MtCt2+Sl0
仮に支那事変は日本の侵略じゃなかったとしても仏印侵攻とか擁護し切れない
侵攻理由が「英米が中国に支援してるから」で誰が納得するんだ

それでアメリカが怒ったら(警告したら)「黄色人種だから差別してるんだ!大東亜戦争だ!」
そもそも支那事変で国際連盟抜けたお前が世界の空気悪くしてんだろ。責任感ゼロかよ

まあ日本には日本の事情があったんだが、だからって侵略する正当性にはならん
とにかく時代感覚が古すぎたわ今のスマホ業界レベルで日本は遅れてた

404 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 03:59:06.72 ID:RVSj1omt0
満州のアヘンとか東南アジアの石油とか莫大な富をもたらす植民地を手放せるわけないだろ。国家が滅びようと自分が儲かればそれでいいんだよ。今だって経済を支配してるのは戦中に成長した企業だ

405 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:00:51.29 ID:3DAFxJ8s0
恐慌からいち早く抜けだして経済成長して絶好調だったからな








 

406 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:05:22.70 ID:vO92KehI0
当時の白人エリートの集まりの国際連盟で人種的差別撤廃提案を行うんだが
しかとされてしまうんだよね、2回もやったんだよ

エリートの集まりの中で、ぽっと出の成金は、でかい口叩くなと馬鹿にされた
アメリカは、日本よりも先に脱退と。

407 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:07:22.32 ID:XRbK9bDE0
新しい宗主国になる気マンマンで周回遅れの帝国主義を掲げといてボコボコにされたら
義勇兵とかの美談っぽいネタをオカズに「アレは解放戦争だった・・・」つってオナニーとかいくらなんでも悲しすぎるでしょうよ

408 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:09:30.47 ID:j0O6jD4c0
>>1
開戦時には既にスパイも売国奴も親米派も沢山居て、炎症を起こしていたような状態だったのだろう。
出血の原因は開戦以前の打撲にあるのではないか?

409 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:22:09.00 ID:XGIHyXM/0
日露戦争で偶然勝てたのに、勘違いして喧嘩売りまくるようになった。

410 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:26:28.27 ID:MtCt2+Sl0
アメリカは大統領が提唱しただけで連盟に入ってないが。
結成当時のアメリカはモンロー主義で軍事的にも列強として中途半端な存在
かえって日本は創設時から参加した常任理事、なんてわざわざ言わないと分からんのかね

411 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:34:24.35 ID:Y2YzLOdm0
「連合国に勝てるわけないだろ!」
「馬鹿野郎お前俺は勝つぞお前(天下無双)」

412 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:36:42.07 ID:Rj2KmPEM0
なぜ戦前の日本の政治は常にアメリカに対して非協調的だったのさ
日露戦争後の利権関係の約束を反故にしたところから一貫して
あれだけ経済的に依存しつつさ

413 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:36:53.66 ID:vO92KehI0
脱退と書いたのがいけなかったか、悪い悪い
要は、エリートの欧州国家からすれば日本もアメリカも、そんな程度の存在だったって事。

他の亜細亜諸国なんざ・・・・ということ。

414 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:40:47.28 ID:qUXukuS00
アメリカも一貫して日本に非協調だんですがそれは

つうか、日米ともに政府中枢にコミンテルン入りすぎ
本来、この二カ国が激突する意味なかった

結局、あれはソ連が勝った戦争だった

415 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/02/18(月) 04:43:57.24 ID:xBnkdm4j0
大東亜戦争中に陸軍中将が書いた「陸軍五十年史」に言わせれば、日本は陸海軍ともに世界最強だから。

416 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:45:01.28 ID:9Unz7U2U0
>>414
コミンテルン電波厨の発言をまとめると、当時は関東軍もコミンテルンの手先だらけで、
そのコミンテルンの手先の成果である満州国を認めずに暗殺された犬養毅や高橋是清もコミンテルンの手先だし、
226事件でその高橋らを暗殺した青年将校もコミンテルンの手先

さらには青年将校の野望を阻止した木戸幸一もコミンテルンの手先で、
彼と対立することになる近衛文麿もコミンテルンの手先

そして無謀な戦争で日本を統制経済にしたあげく日本崩壊を狙った統制派もコミンテルンの手先・・・・・・

戦前戦中の日本ってのはいたるところにコミンテルンの手先がいて、コミンテルの手先同士で暗闘してたってことだなw

417 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:49:17.38 ID:qUXukuS00
高橋是清がコミンテルンなんて意見は超スーパー少数見解

そんな希少例持ち出してこられてもヴェノナ文書やら昭和研究会のコミンテルン関与に何も影響ないよ

418 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:53:23.40 ID:qUXukuS00
そもそも近衛文麿がコミンテルンの手先、ってのはそのまま事実だしな。さらっと事実じゃないみたいな事いってるが
ルーピー鳩山と同じで八方美人だったから昭和研究会になびいて、
後になって本人後悔してたというw

結局、手先、には何も変わりない

419 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:57:35.58 ID:KgtxBbZ70
かつての英国との同盟関係をすっかり忘れて、
英米の自由主義の方が独ソの全体主義よりも危険だと考える奴がなぜか多かった

420 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 04:59:13.14 ID:vO92KehI0
誰も書いてないけど、当時の日本は徴兵制だった
就職難な時代に、職にあぶれた農家の2男3男坊に職を与えてくれて
一人前の男に育ててくれる軍隊は貧乏人に、それなりの人気があった

おらが地元の若い衆が命をかけて、手に入れた土地を
文句ばっか言って、言いがかりをつけてくる
なんだか訳解んねえ外人に渡せるかといった気持ちを多くの人達が持っていた時代。

だから、朝鮮を併合したときも、軍事要塞を築くより、インフラ整備を優先した。

421 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 05:02:44.29 ID:qUXukuS00
英米の自由主義が危険、じゃなく米と開戦する寸前まで英だけが嫌われてた
米は案外空気な存在だったのが実情。敵としては

422 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 05:02:49.23 ID:qm63eCfBP
>>420
徴兵されてから下士官になれる兵なんてわずかだろ

> 職を与えてくれて一人前の男に育ててくれる

423 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 05:05:39.75 ID:iqfsFYEn0
中国にすら勝てなかったのにアメリカに勝てるわけがない

424 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 05:07:00.59 ID:9Unz7U2U0
>>420>>422
ちゅうか、徴兵期間て2年だったし、それが終われば元のプータローに戻ったけどな

425 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 05:07:08.16 ID:qm63eCfBP
中国にすら負けないのにアメリカに負けるはずがない

426 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 05:10:56.31 ID:Y2YzLOdm0
イギリスがお膳立てして関係各国に根回ししてもらって最後にアメリカにケツ拭いて貰った日露戦争で何を血迷ったのか自力で勝ったとか勘違いし始めたのが痛い

427 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 05:30:09.51 ID:RP6neFLB0
天皇のせいで日本はキチガイになった

428 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 05:43:41.73 ID:FBN27L/D0
御前会議にて

天皇「そんで戦争できんの?」

陸軍「海軍がやるならやってもいい」
海軍「ぐぬぬ」

どっちも本当はやりたくないのにやっちゃった戦争でした。

429 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 05:49:46.97 ID:CeH+D1pE0
パールハーバーを爆撃したってラジオの臨時ニュースで伝えられたら日本中で
万歳三唱と提灯行列でお祝いしたんだぜw
そんなキチガイ国民がいざ負けたら「軍部が悪かった、私たちは戦争の被害者」とか笑わせんなw

430 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 05:52:26.72 ID:HgZGhXQZ0
マスコミに煽られて国民が舞い上がっちまったからな
やっぱ売れるってのは解るけど無茶しすぎだわ

431 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 06:03:15.95 ID:qm63eCfBP
>>429
アメリカ相手に曲りなりにも4年弱戦えたのは、赤紙で召集された一般国民の
並外れた献身のおかげで、職業軍人が頑張ったからじゃないだろ。

432 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/02/18(月) 06:08:30.01 ID:xBnkdm4j0
>>398
それについては、元をたどれば日清戦争後の三国干渉に至る。
日本が血と汗によって得るはずだった戦後賠償を、ロシアとプロイセンという強国が、血も汗も流さず軍事的恫喝で以って事実上強奪したわけだから。
この件で日本は万国法への信頼を失い、武断主義へ傾斜してゆく。

433 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 06:17:19.60 ID:uqvCEuN/0
自惚れてるのは今も同じ

434 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 06:26:18.88 ID:MzjKVGxr0
>>419
戦前であれだけ御膳立てしてもらってたというのにな

435 : 【中部電 61.5 %】 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/02/18(月) 06:35:03.78 ID:mIB8w0L00
ロシアが悪い

436 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 06:43:26.13 ID:bs/IxgPe0
>>419
なんか説得力があるね(´・ω・`)

437 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 06:44:32.77 ID:NjNCQIQbO
対独参戦したい米国による経済封鎖の結果
日本は完全に噛ませ犬、そして人も家も全て揃った新兵器の実験場
最初から勝つ事が分かっていた米国の狙い通り、対独参戦が出来て無料の実験場が手に入る
引くに引けない戦争、これで死んだ人は本当に不憫で仕方ない

438 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 06:49:28.19 ID:KgtxBbZ70
>>436
日本では冷戦期も含めて、右翼も左翼も全体主義好きな奴が多かったんだね…
共産主義もファシズムもどっちも駄目なのに。

そういう部分は完全には克服されていないと思うわ
なぜって「戦後の日本は平和ボケしていた」とか言ってる奴が、
結局二十世紀の糞な遺産を引きずっているんだもの。

439 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/02/18(月) 07:07:02.71 ID:xBnkdm4j0
軍隊に次男・三男以下略を出している地方の農村が、女房・娘を売るくらいに困窮していたのだから、軍人主導の全体主義が台頭するのは当たり前。
皇室転覆を狙う革新左派と、その予防革命としての皇室の権威に依存した権威主義の保守左派とが、当時の日本の政治勢力だった。

その反省から第二次世界大戦後の自由主義圏――特に日本――は、社会福祉政策を、もう一つの柱として取り込んだ。
そして冷戦終結で用済みとなったその柱を折った。だから今、ワーキングプアとか言っているのだよ。

440 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 07:22:49.97 ID:8d5n5Xh70
今度はイタリア抜きでやろうぜ

441 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 07:41:06.34 ID:X4MoyGVqi
>>440
そこはドイツを抜くべきだろ

442 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 09:05:57.91 ID:XRbK9bDE0
イタリア抜きはよく言われるけどむしろドイツとかプロイセンを味方につけると何故か不思議な力でひどい目にあうことが多い

443 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 09:08:13.13 ID:zOIJoymt0
そりゃビスマルク以降のドイツは超がつく外交オンチだからな
まあ日露以降の日本も同レベルだがw

444 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 09:16:01.32 ID:1qcPuJCe0
まあ負けたのがアメリカ相手で結果的に良かったじゃん。
ソ連だったら今頃恐怖だぞ。

445 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 09:18:23.75 ID:VGXbIL0X0
イタリア馬鹿にしてるけどあいつら負けそうになったらクーデター起こして戦勝国入りだぞ
それにくらべてドイツと日本はどうだよ
首都までふるぼっこにされて赤軍乱入してくるわ、原爆落とされるわ
イタリアの方が頭良いわ

446 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 09:18:41.56 ID:an7AVk+h0
ドイツとイタリアの士気と忠誠心の差がすごいな
しかし速攻自主的に降伏して敵に回るイタリア人は実は頭がいいのか

447 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 09:24:54.40 ID:XRbK9bDE0
>>437
なんでそんなヒネた見方しかできないのかわからないが、アメリカが経済封鎖した最大の要因は
まずあくまで日本がアメリカの利益に対して一貫して攻撃的な行動を取り続けたことであって、ドイツに宣戦したかったことではない

448 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 09:47:10.64 ID:ex4bH/jx0
日本は一搬家庭からすら鍋とかの金属製品かき集めて弾薬作ってんのに
アメリカ人は映画見てフライドチキン食ってんだからな

449 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 10:07:44.58 ID:ycXHh8Bf0
統計上勝てない相手に戦争を仕掛け、負けそうになると精神論を唱えるも敗戦。
原発を絶対に安全と言い導入し、精神論で努力すれば事故は起きないと言う。そして事故が起きると精神論でそれを乗り切ろうとする。
年金制度は崩壊しないと言って、出生率が下がると崩壊するリスクを無視して少子化を放置。
統計を無視した経済政策でデフレを20年続けた。

この国の統計の軽視と精神論は異常。

450 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 10:33:22.34 ID:XRbK9bDE0
>>443
よく考えたらフリードリッヒ大王の時代から空気読まずに機会主義の火事場泥棒で周辺国から嫌われてるな
もともと地政的に敵を作りやすいというのもあるだろうが

ドイツ的に見ればむしろ火事場ドロやってんのに孤立しない立ち回りをするビスマルクが出来すぎだったか

451 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 11:29:13.81 ID:KgtxBbZ70
ナポレオンに国土を蹂躙された後ってのもよかったんじゃないの
クラウゼヴィッツの戦争論も、ようは対ナポレオン戦で得た洞察で、ドイツにしては珍しいタイプの書物になってるし

452 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 11:50:41.42 ID:um8SgFWf0
支那事変を止められなかったこと
仏印進駐でアメリカを激怒させたこと

外交下手っていうより、外交障害なんだな
太平洋の島嶼ヤポネシアンは(´・ω・‘)

453 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 11:51:08.61 ID:syCzDBN00
リットン調査団の勧告に従ってたらよかったのにな

454 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:00:57.60 ID:syCzDBN00
アメリカも別に露骨にジャップ追い詰めてたわけでもなく結構慎重だったのにな
ハルノートですら単に満州事変前に戻せってだけの話でむしろジャップが暴れすぎてた

455 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:04:27.19 ID:J7DFXUE20
>>447
日独伊三国同盟以降はさすがに参戦の口実を作る意図はあった思う
開戦の前年までよくこんな狂犬相手に交渉を試みたなアメリカと思う

456 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:08:50.60 ID:w8iwG4/20
誰も勝てると思ってなかったけど、何となく戦争する流れになっちゃったの

457 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:11:26.63 ID:+HXWYt8t0
何となくじゃないよ
大陸における権益保護と南方資源の獲得においてアメリカと戦う選択をした

458 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:15:13.58 ID:I6V/b9RA0
言霊信仰で勝てる勝てると言えば勝てると思ってたからだな
否定的な意見はどんなに説得力があっても縁起でもないこというなと封殺された

459 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/02/18(月) 12:16:04.12 ID:xBnkdm4j0
兵器の改良まで権威主義で封殺していたのは擁護の余地なし。

460 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:20:01.23 ID:J7DFXUE20
日中戦争から太平洋戦争の流れって
借金で首が回らなくなったところで闇金ギャンブル一発逆転狙いみたいな
そんな感じ
日中戦争泥沼の時点ですでに破綻してんじゃんて

461 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:22:16.41 ID:um8SgFWf0
戦争に負けて良かったこと
それは2chで帝国政府批判しても、パクられずに済む社会になったこと


多分、自由主義と民主主義を続ける限り
大東亜戦争肯定論の保守派は対米コンプレックスを持ち続けるだろうな

462 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:28:59.21 ID:um8SgFWf0
>>458
井沢元彦も言っていたな、言霊信仰。
ロシア(ソ連)の脅威を訴えると恐露病とかレッテル貼りだし・・・

何か危険を想定(あるいは対策)しようとすると、不幸を望んでいる人間扱い
原発事故にも通じる(´・ω・‘)

463 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:32:03.28 ID:9Unz7U2U0
>>462
東条英機首相

戦争は精神力と精神力の戦いであり負けたと認めれば負けであり、国土が廃墟になろうとわが身が滅びようと負けを認めなければ負けにはならない

464 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:45:26.23 ID:um8SgFWf0
>>463
それで往生際が悪くて、原爆の悲劇か



>>416
渡部昇一ら、最近の保守はコミンテルンを過大評価し過ぎw

465 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 12:54:49.76 ID:KgtxBbZ70
>>464
昔からですよ…
共産主義の脅威を言い立てないと駄目なのがまともな保守と違うウヨ体質の人間の特徴

466 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 13:08:21.71 ID:syCzDBN00
珍しくマスコミ叩きのレスがないな
まあ満州事変以降は反戦記事の新聞が売れなくなって好戦的な記事ばっかになったというだけの話だし

467 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 13:19:59.68 ID:BQPJWhUv0
>>341
ええええ国家総動員法が通った時に
「これでは議会などいらない」と議員が切れたと聞いているぞ?
なにより天皇陛下バンザイで死ぬ人々のどこが民主主義だ?
「君主は国民の奉仕者である」が民主主義だ

>>354
我欲
中国侵略から得られる利は
陸軍だけのものではなかった

468 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 13:22:01.55 ID:BQPJWhUv0
>>374
嘘を申すな
米国は欧州の元植民地たちを支配する
新植民地主義に移行しただけだ

469 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 13:51:44.01 ID:Y2YzLOdm0
圧倒的な生産力と工業品質で貿易取引を席巻出来ると確信していたから新植民地主義といえばそうだが
あくまで誰でも参入出来る競争なわけで、植民地ではない

470 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 13:56:02.51 ID:BQPJWhUv0
>>469
嘘を申すな
キューバとベトナムは米国から離れようとしたら
米国は激しく弾圧した

日本でも民主党政権を米国が不愉快に感じていた
日本の自由を容認しなかった

471 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 14:31:20.77 ID:OskqjflA0
気持ち悪いスレだな
全体主義という欠陥システムの成れの果てだろ
別に自惚れてたわけじゃねーよ

472 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 14:39:23.44 ID:CeH+D1pE0
>>50
確かに大日本帝国と言う超絶DQNキチガイ国家が崩壊したのは現代の我々には幸福だったけど
唯一の失敗はナチスドイツよりも後までしつこく降伏しなかった事。
そのおかげで千島列島を全て失い、沖縄を占領されあげくに広島・長崎に原爆投下されるハメになった

473 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 14:51:55.40 ID:rbyxfptV0
日本人は秩序と階層的な上下関係に信を置き私たちアメリカ人は自由と平等に信を置く
両者の間には天と地ほどの隔たりがある 私たちが受け入れるべき社会の仕組みとしてこれを高く評価することは出来ない
アメリカ人は腹臓なく会話の口火を切り上下関係の儀礼にはみじんも関係を払わない他人にへりくだる事もない
しかし上下関係を是認する事は日本人にとって呼吸と同じほど自然なことである それは欧米流の権威主義とも別物である
そして次は日本を作者とするにふさわしいファンタジーを描いた わが国は天皇を頂点とし世界のTOPに近づきつつある
上下関係を世界で確立するためにはまず世界の頂点に君臨する欧米諸国を排除し中国という「遅れた弟」を立ち上がらせ
それぞれ「応分の場」をあたえられるべきであると言うファンタジーである もちろんその頂点は日本なのである

474 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 14:59:32.28 ID:X4MoyGVqi
>>470
資本主義下の自由
(アメリカがモノを売りつける事のできる国であり続けるという前提を満たした上での独立と自由)
は認めるが、
共産主義
(アメリカとの交易を遮断する自由)は
認めないってことだろ
つまり、少なくとも従来型植民地主義からの脱却は図ってたよ

475 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 15:04:00.63 ID:X4MoyGVqi
で、アメリカが目指した従来型植民地主義に代わる新しい世界戦略を、嫌悪故に「新植民地主義」と呼ぶのは勝手だが、
それは本来の植民地とは別物であり、明確に区別されるべきモノだからな
そこんとこ忘れずに

476 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 15:04:57.12 ID:7gYOjotb0
数字に国産というのがあるのですか?
http://www.youtube.com/watch?v=xGplUABwewE

477 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 15:19:42.98 ID:FSLXcEhf0
>>473
ようするに儒教(朱子学)の国だ。これに代わる社会モラルが現在でも日本人にはない。

不幸は将来も続くだろう。今でも「他人の目が神様」の国なんだから・・・。

478 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 15:23:38.99 ID:gq8PwRM2O
キョロ充だったからドイツが戦争するの見て「俺も」ってなっただけ

479 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 16:02:33.29 ID:KgtxBbZ70
ネトウヨが嫌いな中韓の悪習って、儒教に由来するアジア型の全体主義のはずなのに、なぜか全体主義を志向しているのが解せない。
まるで彼らの理想国家は北朝鮮のような体制なのではと疑わせる。

480 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 16:23:41.76 ID:f0exU9QS0
>>279
本当にやったかどうかすらまだ決まってないんだからそりゃ何がしたかったのかわからねえだろ

481 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 16:31:44.79 ID:KK4AqWFS0
HOI2で戦時体制に移行してIC急上昇し始めたアメリカに戦慄した思い出

482 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 16:34:22.71 ID:yVId7XiMP
>>479
中国は文化大革命で儒教国家じゃないうんたらかんたら
あいつらに一貫した主義を求めるほうがアホ

483 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 16:36:38.49 ID:LCVv9/Wr0
日英同盟あったころは余裕ぶっこいて
アメリカに同盟破棄されてオドオドしだした感じ

484 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 16:39:47.92 ID:kbl12aJKP
日本が戦争に負けずに進んだ世界に飛ばされる「5分後の世界」ってのがあったな

485 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 16:47:30.51 ID:UcNojHe50
神国日本

486 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 16:57:12.80 ID:JYJGWveK0
日本が鎖国を保っていた場合、
どのようになっていたかシュミレートしてくれ。
他の帝国主義に植民地化されていたか繁栄していたか。

487 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 17:00:36.88 ID:kwBYXqkJ0
>>486
どうして鎖国なの?

488 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 17:01:36.67 ID:GJK9E4Nx0
>>261
日本側としては最強の兵器を持たせた海軍が弱小の米軍に負けるとはおもってもみなかったろう
アメリカに量産されるまえに負けるとは海軍は馬鹿丸出しすぎだ

489 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 17:05:27.23 ID:X4MoyGVqi
>>486
何十年かは海上でコテンパにされつつも何とか独立を保つが、
何十年か後にとうとう兵器の差が上陸占領を許すまでに開いて植民地化、じゃね
で、その更に数十年後に植民地政策が時代遅れになり独立

490 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 17:24:21.26 ID:JyBrUqa/0
鎖国を続けたらどうなるか、なんて聞く意味が分からない
清国も知らないカスかよ

491 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 17:28:44.44 ID:VoWurNNP0
最悪の戦犯は松岡洋右だよ
安倍晋三と親戚

492 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 17:40:12.98 ID:GLf8tTtc0
>>69
わかる部分もある

493 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 17:40:52.32 ID:BQPJWhUv0
>>474
それを「新植民地主義」と呼ぶのだが?

>>475
別物なのはいいが結局支配下だ

494 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 17:58:30.40 ID:uDY7Ixnd0
>>491
血の繋がりはないけど親族だわな。
つか、それなりに続いた家系は縁戚になってるもんだ。

495 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 18:27:10.30 ID:Wk9UF/9m0
自惚れてないよな
黒船が空砲撃っただけで、戦闘力の差に腰を抜かして西洋近代化したくらいだし

元来日本人は明智光秀みたいな性格が似合ってると思う

496 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 18:32:16.12 ID:ugNlA34A0
誰かが美しい戦死をしたらそれを美談にしてそれを強要する
捕虜になった人が恥と自殺したらそれを美談にしてその後は捕虜になったら恥と強要する
日本ってちょっとおかしいんだよ

497 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:07:50.93 ID:767w/57fP
>>1
任侠の精神に決まってんだろ

498 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:12:38.69 ID:WTujHtyX0
>>463
>負けを認めなければ負けにはならない

ああ、「勝ち組」のことね

499 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:12:41.12 ID:wVbd/FOUO
>>491
少なくとも国連脱退には現場で最後まで反対してたのは評価出来るだろ
思いっきり脱退しろ命じたのは当時の内閣で煽ったのは国民じゃないか
その後ぶっ壊れちまったけどな

500 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:13:40.85 ID:BQPJWhUv0
つーか米国との交易を自由に遮断できなきゃダメだろ…
それは独立国ではない
そして今の日本も米国との交易を自由に遮断できないどころか
あれこれ米国に市場開放を要求されまくっている

501 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:24:27.00 ID:mix8/cxI0
知れば知るほど「自衛戦争」だなんて拳銃突きつけられても言えなくなってしまう

502 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:28:05.66 ID:VoWurNNP0
>>500
独立国なんて絵に描いた餅でしかなく、そんなものは現実には存在し得ないんだと思う

503 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:29:35.37 ID:mix8/cxI0
『虜人日記』より 日本の敗因21ヶ条
一、精兵主義の軍隊に精兵がいなかった事。然るに作戦その他で兵に要求されることは、総て精兵でなければできない仕事ばかりだった。武器も与えずに。米国は物量に物言わせ、未訓練兵でもできる作戦をやってきた
二、物量、物資、資源、総て米国に比べ問題にならなかった
三、日本の不合理性、米穀の合理性
四、将兵の素質低下 (精兵は満州、支那事変と緒戦で大部分は死んでしまった)
五、精神的に弱かった (一枚看板の大和魂も戦い不利になるとさっぱり威力なし)
六、日本の学問は実用化せず、米国の学問は実用化する
七、基礎科学の研究をしなかった事
八、電波兵器の劣等 (物理学貧弱)
九、克己心の欠如
一〇、反省力なき事
一一、個人としての修養をしていない事
一二、陸海軍の不協力
一三、一人よがりで同情心が無い事
一四、兵器の劣悪を自覚し、負け癖がついた事
一五、バアーシー海峡の損害と、戦意喪失
一六、思想的に徹底したものがなかった事
十七、国民が戦いに厭きていた
一八、日本文化の確立なき為
一九、日本は人名を粗末にし、米国は大切にした
二〇、日本文化に普遍性なき為
二一、指導者に生物学的常識がなかった事

504 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:31:36.15 ID:w0djtJF70
ロスチャイルドが戦争起こさせたんだよ

505 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:36:26.96 ID:VoWurNNP0
>>503
多くが現在でも当てはまるわ

506 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:41:16.51 ID:qUfWJOg30
>>503
五、精神的に弱かった (一枚看板の大和魂も戦い不利になるとさっぱり威力なし)

グサッとくる
精神論を言う裏に実は精神的な弱さがあるんだね

507 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:43:03.15 ID:IWFcWPTJ0
ロシアに勝ったからだろうな

508 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:45:00.93 ID:706fTRe90
戦前というか今でも日本は自国を過大評価して敵国を過小評価するのが基本でしょ。

509 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:48:49.97 ID:JEHc3Piw0
非現実的な根性論に縋って「全ての兵士が100の能力を出せる」と妄想してたから
実際には70とか50の能力しかない奴の方が多いのに、そいつらを殴って罵倒すれば100になると勘違いしてた
阿呆な体育会系がデカい顔してる今の日本も同じだ

510 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:50:57.57 ID:3k15Uccq0
>>503
70年後でも大日本帝国のまま大和魂のまま
戦前生まれの話を聞いても日本は愚かと言っている

511 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 19:56:13.59 ID:mix8/cxI0
「戦前は日本が最も強く偉大だった時代」だなんて言ってるやつが時々いるけど、むしろ日本の悪い部分・問題点が全部明らかになった時代だと思う
同じ轍を踏まないように教訓とすべきなのに
それが英霊への手向けだというのに

512 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 20:03:25.12 ID:qwW4n8410
欧米に追い詰められたから仕方なかったと言い訳する奴多いけど
まだ欧米諸国が日本有利で妥協できる態度で接してくれてた環境を
ぶち壊したのはどう考えても日本自身の対外政策が原因なんだけどな

513 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 20:19:10.84 ID:mix8/cxI0
>>416
日本人はコミンテルンにいいように踊らされて国土を失い数百万の国民を死に至らしめ、あげくは連合国に占領されたという、
自らは何の意思も持たず主体性のかけらもない、救いようのない民族ということになるのか
陰謀論は何の擁護にもならないよなあ

514 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 20:21:27.42 ID:F+u5WknA0
>>432
>日本が血と汗によって得るはずだった戦後賠償

略奪を正当化しようと、
臭い下手な表現を使うなよ、クズがwwwww

515 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 20:25:10.06 ID:F+u5WknA0
>>477
あれを儒教とはよべないよ。

516 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 20:33:22.51 ID:FSLXcEhf0
日本とか朝鮮半島は、江戸時代と李氏朝鮮の時代は、儒教の一派「朱子学」が強かったんだ

江戸時代には、有名な林羅山によって「上下定分の理」やその名分論が
武家政治の基礎理念として再興され、江戸幕府の正学とされていた (日本史の基礎知識)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%e6%9c%b1%e5%ad%90%e5%ad%a6

朱子学は宋の時代に作られた儒教の一派で、
それが日本に伝わり、江戸時代に武士の道徳として徳川幕府が奨励した。
明治になってその朱子学を政府が教育勅語にも取り入れ
一般の民衆にも伝わるようになり、日本人の基本的な道徳秩序の形式となった。
そしてそれは、現在まで続く日本人の不幸の原因となった。

517 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 20:35:53.27 ID:QQbMyX6Z0
今も自惚れてる分野あるだろ

518 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 20:55:19.53 ID:mix8/cxI0
テレビなんかで「街の小さな工場にはこんな凄い技術がある!これが日本の底力!」みたいなことを時々やってるが、
そういうのを見るたびに「日本はなぜ敗れるのか」の第七章「「芸」の絶対化と量」を思い出してしまう

確かに中小の工場には凄い技術を持ったところがあるが、大資本の大工場との生産力の違いは比べるまでもないし、
気の遠くなる年月をかけて修行した技術者がいなくなってしまったらその工場の技術は永遠に失われてしまう
いくら技術を磨き続けても、技術革新が起こって品質の高い製品が大量生産できるようになれば「中小の凄い技術」が
すべて無力になってしまうこともある
ニッチな分野だけに強かったとしても、ニッチはどこまで行ってもニッチでしかない

職人には敬意を払いたいが、「これが日本だ!」と手放しでホルホルするのは日本にとって本当にいいことなのか、と疑問に思ってしまう昨今

519 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 20:59:14.11 ID:7VvRWJ6K0
>>518
山本七平があの本書いてからもう40年ぐらいか。
山本の言うとおり戦前から40年前そして現在まで日本人はまるで変わっていないということよ。

520 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 21:24:50.15 ID:GJK9E4Nx0
>>499
左翼教育によって松岡が脱退させたと思ってるからな
むしろ反対してたってのに

521 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 21:32:58.05 ID:mix8/cxI0
おお松岡さんはなあ
連盟脱退で国民が熱狂し喝采を送る中で「日本の立場を理解させることが叶わなかったのだから自分は敗北者だ。国民に陳謝する」と言い、
真珠湾攻撃でまたしても国民が熱狂し拍手喝采する中で「三国同盟は僕一生の不覚であった」「死んでも死にきれない。陛下に対し奉り、
大和民族八千万同胞に対し、何ともお詫びの仕様がない」と号泣したという
昭和天皇にはすごく嫌われていたらしいが

522 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 21:35:44.04 ID:7VvRWJ6K0
松岡は国連総会で原稿なしで1時間20分の大演説した。
はじめから脱退する気ならそんな真似はしないだろう。

523 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 21:43:45.27 ID:KK4AqWFS0
>>513
そのつもりかどうか知らんが田母神先生が君の言ったようなことをそのまま主張してたな
すべてはコミンテルンの陰謀だったのだで片付けるつもりだったらしい

524 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 22:10:45.44 ID:MzjKVGxr0
>>493

525 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 22:15:44.40 ID:Qi/kViXp0
               , -――- 、
              /       ヽ
              | ノ  ー    |   それ小林よしのりと一緒じゃね?
              |(・) (・)   |
              |  (      |
              ヽ O    人
               >ー-― ´   ̄ ̄\
  ⊂ニニ ̄ ̄ ̄ヽ  /              |
     くメ) _ノ  |  |  |        |   |
       (/  |  | /  |        |   |
          |  |/  /|        |   |
          |  ト  / |        |   |
          ヽ__/ |        |   |

526 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 22:34:16.54 ID:Syo3DBmt0
1952年のヒット曲

Singing In The Rain - Gene Kelly
http://www.youtube.com/watch?v=D1ZYhVpdXbQ

リンゴ追分 - 美空ひばり
http://www.youtube.com/watch?v=S0KLu6lZ5Yw

527 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/18(月) 23:21:11.05 ID:rCl5FsqV0
つうか勝つ気は無かっただのこれは防衛戦争だの言ったって
これだけ圧倒的国力差があるのに講和なんかしてくれると本気で思ってるの?
してくれるわけないだろ、だったら最初から土下座しときゃいいんだよ
ボコられて懲りたから戦後は一貫して土下座してきたんだろ
なのに修羅場を知る人間がいなくなったらまた調子に乗り始める始末

今度もまた調子こいて世界中からフルボッコされるんだろうな
もしそうなったら次は無い。もう誰も日本の言うことなんか聞いてくれないぞ

528 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 00:15:38.74 ID:M3CEQRn80
松岡はドイツがソ連と開戦する事を見通せなかった
このへんが日本の外交の限界。

529 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 00:47:26.07 ID:8oaET47P0
勢力均衡の発想が根本的に欠けている
愛国と売国しかいないとか考える奴はその典型

530 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 00:56:23.53 ID:A51+HvEz0
今の原発問題と一緒だよね。

531 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 01:07:27.82 ID:8QyT3Q8j0
>>516
本当に儒教の精神が浸透してるなら、
上の連中はもっとまともだよ。
ヤクザと変わんないだろ、連中。

で、とうのお前は、儒教について、
何を語れるわけだ?

キリスト教圏やイスラム圏だと
その辺のおっちゃんつかまえても、
自分の宗教について、けっこう話してくれるが、
日本人じゃこれ、大学の先生くらいしかむりだろ、
ある程度正確に儒教について話すのは。

日本村の土人にできるのは、
上の人には従いましょうくらいだ。
上のものが悪だろうと善だろうと関係ない。
こんなもの儒教と呼べるような高尚なもんでもなんでもない。

532 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 01:10:48.40 ID:ZwKSJs3V0
役人天国

533 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 01:11:41.20 ID:8QyT3Q8j0
日本土人は、
個々の兵器の質については、
ごまかして、ハイレベルだ!!!!
とかオナニーするが、

戦争全体の戦術、作戦面については、だんまりだな。

戦争するにしても、
あんなバカなやり方ないわ。

開戦自体がバカだが、
戦争の仕方ももっとバカ。
バカがバカな戦争をバカな方法ではじめてんだから、
救いようがない。

しかしこれでアジア全体で、2000万は、
一般の人が殺されてる。

日本が、アジアから許されると思うのは、甘え。

534 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 01:17:13.70 ID:oZSGxlk+0
>>528
昭和天皇はじめドイツと同盟する危険性は指摘されてたのに松岡ちゃん話聞かないから…
アメリカとの交渉も当時のキリスト教系団体仲介の非公式レベルからの交渉案があって、近衛も乗り気だったのに
松岡がつぶしちゃったし

535 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 01:23:03.71 ID:xJKNbeLJ0
真珠湾攻撃のときにもう少し足伸ばしてホワイトハウス爆撃できなかったかね
大統領やってもアメリカの場合市民レベルで抵抗してきそうだが・・・

536 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 01:24:34.95 ID:/yY0fnQJ0
NHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」見たけど「空気に流された」とか言ってたしな
日本人は空気を読んで戦争したんだよ。。。

537 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 02:52:02.84 ID:8oaET47P0
海軍反省会は機会あったら読むといいぞ
大井篤の海上護衛戦でも可

538 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 05:25:06.08 ID:CXw9tCWq0
>>58
そうはならなかったのは先祖の健闘のおかげというよりは
タイミングとあとは資源の問題だっただけだろう

日本がドイツと違って間接統治になった理由は
表向きはアメリカ人が歴史ある皇統にリスペクトがあり、天皇をもって民主主義をやらせた方がいいと判断したなんて言ってるけど

日本を直接統治しようとしたら取り敢えず数万人規模で日本語がある程度わかるアメリカ人が必要だし
人員だけじゃなくコストも時間もかかる
資源も何もない極東の島国にそこまで労力を割く価値がなかっただけだよ

539 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 05:31:43.37 ID:UlvSM/8m0
>>503
ダメとわかっててもクーデターすら起こせなかったからなあ

>>533
あっそ

540 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 08:14:03.65 ID:6Ba0YT9d0
ロシアをパクって南下政策をしていた説はありだと思う

541 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 09:35:33.67 ID:9fWLt8wt0
>>522
>松岡は国連総会で原稿なしで1時間20分の大演説した。

松岡という人物

細川護貞(故人)によれば、外務大臣時の松岡洋右(まつおか ようすけ)は大変な話し好きで
朝から晩まで喋っていた。細川が近衛首相の使いで書類を持って松岡のところへ伺っても、その
書類を出す機会がないほど喋り続けていて、仕方なしにそのまま持帰ったということもあった。

また、ドイツに行くシベリア鉄道の汽車の中でも、朝起きると話し始め、寝るまで話していた。話が
途中でも、時間がくれば1時間なら1時間で話相手となる随員が代わるようにしたが、相手が代
わってもかまわずに、同じ話を続けていたという(伊藤隆編「語りつぐ昭和史」第2巻)。

542 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 09:39:56.68 ID:R6RKNJf70
東アジア・東南アジアを自国の領土だと思い、好き勝手使えると思えば自惚れるだろうなあ

543 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 10:40:11.94 ID:9fWLt8wt0
経済統計からみる太平洋戦争
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Sirius/6597/eco-pwar.html

○国家の存亡をかけた大戦争の最中でも陸海軍は激しい内輪揉めを繰り返しており、例え
ばドイツから航空機のエンジン生産ライセンスを買う時もドイツ側が日本政府として契約すれ
ばライセンス料も少なくて済むと勧めたにも関わらず結局陸海軍で別々に契約し国費を無駄
使いし、ヒトラーに「日本の陸海軍は宿敵同士か」と笑われることとなった話や、陸海軍で同
じ13mm機銃でも共用性がない別々の弾丸を生産していたというのは有名な話である。

○開戦直後に立てられた造船計画をみると、42〜45年で1年あたりの造船量は減らしてい
く予定であったのだが、その根拠は「アメリカ人は潜水艦が大嫌いだからあまり使ったりはしない
だろう」という驚くべきものであった。

○奇妙な精神主義は後方の下級官僚にまで及んでおり、例えば工場建屋をそれぞれ
100m程離して林間に隠し空爆に備えようとすると「軍が北に南にと作戦しているのに、いた
ずらに空襲を懸念するとは何事か」となり、当時りゅう弾の製造方式を造兵廠では普通旋盤
使用と決めていたがこれを自動旋盤にすれば、最低でも一台で普通旋盤の6〜8台分の仕事をする。
そこで自動旋盤を国産化してこの仕事にあてようとしたが、これも「工員が汗水流して削り出
した砲弾であればこそ戦場で威力を発揮する。それを自動旋盤に削らせるとはもってのほか」
となる。その実態の前にある民間会社の社長は「米国とだけ戦っているのではない、帝国陸
軍とも戦わないと戦争は勝てない」と嘆いたという。

544 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 10:48:11.03 ID:h8yHY0Pz0
>>531
&amp;#8298;普通の日本人なら、みんな義務教育で
江戸時代の儒教(朱子学)の「上下定分の理」
とか習うんだってば

545 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 10:53:55.91 ID:WSFE3Fek0
仕掛けてきたのは米国だし

546 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 10:58:02.42 ID:h8yHY0Pz0
あれ、なんかコピペをミスったわ

547 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 12:18:16.92 ID:v9E6df510
ディズニーのカラー長編アニメの白雪姫が戦前なんだよな。
鉄腕アトム()
のらくろ()

548 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 12:29:09.55 ID:BozijGuh0
トムとジェリー第一作「上には上がある」は1939年制作、1940年公開

549 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 12:40:34.71 ID:8UYw9u1V0
ずいぶん朝鮮人が混じってるスレだなw

550 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 12:51:23.65 ID:kpNovOKh0
>>543
幼稚な精神性が丸出しだな
自分が辛い中で人が楽する(効率化を楽と見てしまった)のは許せない
自分が認められてるのにその恩恵を人と共有するのは大損だ

アジア人最強伝説だな

551 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 15:05:04.56 ID:j4roLtUN0
>>521
松岡に同情するようなそういう論説は知ってるけど
こいつの語学力+饒舌+口先が戦争突入の最大の原因であることはかなり確か
国連脱退なんて結果でしかないんだよ
後から反省などいくらでも出来る

昭和天皇の評価舐めるなよと言いたい

552 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 16:06:48.92 ID:U8Xg91bO0
>>551
どうして確かなんだか解らんね
国連脱退は民意だったじゃないか

553 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 16:23:08.30 ID:j4roLtUN0
>>552
民意なんて作られたものでしかないんだよ
戦争に追い込まれた最大の原因はソ連(真の支配者はヴィクター・ロスチャイルド)を裏切った事じゃないかなと思う

554 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 17:20:18.74 ID:kpNovOKh0
>>552
当時もとうか今もだけど 国民に主権を遂行できるだけの能力は醸成不可能だろがジャップは

555 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 18:21:23.45 ID:WUHoX05u0
>>150
五式戦闘機じゃなくて四式戦闘機で比べたれや

556 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 18:28:21.89 ID:DfcswVXx0
NHKでやっていた「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」で呆れたのは
マスコミが満州事変の真実を軍人から聞いていながら報じ無かったこと・・・

真実を知らされず、自国に都合のいい報道されて相手国を憎悪するのは今の中韓と同じ
またそのお先棒を担いだマスコミも屑だろう

557 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 18:31:34.57 ID:gL0LhZoh0
>>511
同じ徹を踏まないようにと戦後はヘコヘコ土下座外交一本槍だからなあ
それが積もりに積もってフラストレーション起こしてる

日本人は他所と付き合うのが本当に下手

558 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 18:40:41.18 ID:DfcswVXx0
>>557
それだな、下手に出て無礼を浴びて
ついにフラストレーションが爆発・・・


大人しくて真面目な子がキレるようなもんか

559 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 18:50:30.88 ID:8oaET47P0
>>557
それすでに同じ轍を踏んでるだろ…

560 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 19:21:55.09 ID:taKP3bUT0
>>557
コミュ障日本wwワロタ…ワロタ……

561 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 20:18:25.60 ID:BozijGuh0
>>551
開戦の日に号泣してからまもなく徳富蘇峰に送った手紙では「欣喜雀躍」って書いてるんだよな松岡
弁舌はうまいが場当たり的で主体性がない人間、と言えるのかもしれない
だから昭和天皇には嫌われたのかな
「一体松岡のやる事は不可解の事が多いが彼の性格を呑み込めば了解がつく。彼は他人の立てた計畫には常に反対する、
また条約などは破棄しても別段苦にしない、特別な性格を持っている」なんて酷評されている

562 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 20:26:47.02 ID:DfcswVXx0
連盟脱退は当時の政府の意向で
松岡は従っただけじゃないの?

政党政治している時にイギリスが示してくれた案で手打ちに出来れば・・・

563 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/02/19(火) 20:44:22.22 ID:8oaET47P0
ドイツに入れ込みすぎてたのがアホ
枢軸国関係は自明とはいえなかったのに

165 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)